[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、15連敗阻止が生んだMLB“初”の偉業 「バカバカしいほど細かい」と米記者も注目

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、13日(日本時間14日)は試合なし。出場機会のなかった前日のメッツ戦から“連休”となった。先週は9日(同10日)のレッドソックス戦で12号決勝2ラン&4勝目をマークするなど投打に躍動。球団ワースト記録となっていたチームの連敗を「14」で止めた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

9日レッドソックス戦で15連敗を阻止

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、13日(日本時間14日)は試合なし。出場機会のなかった前日のメッツ戦から“連休”となった。先週は9日(同10日)のレッドソックス戦で12号決勝2ラン&4勝目をマークするなど投打に躍動。球団ワースト記録となっていたチームの連敗を「14」で止めた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 14連敗と泥沼状態のエンゼルスを救ったのは大谷だった。5回に投手として1点を失うも、その裏に自らのバットで逆転。1死一塁から左中間へ決勝2ランを放ってみせた。投げても今季最速101マイル(約162.5キロ)を計測するなど、160キロ超の剛速球を連発。スプリットでも三振を奪い、今季最長の7回を投げて久々の4勝目を記録した。

 マウンド上やダイヤモンドを一周する際に感情を露わにし、連敗ストップに懸ける思いを見せていた大谷だが、この試合で“細かすぎる”記録を生んでいたようだ。MLB公式サイトのアンソニー・カストロビンス記者がツイッターで「知っていますか? ショウヘイ・オオタニは1969年以降、10連敗以上を喫しているチームの試合で本塁打を放ち、勝利投手になった最初の選手となりました」と伝えた。

 50年以上の歴史において初だったという大谷の躍動。カストロビンス記者は「これが、私たちが野球を愛する理由です。バカバカしいほど細かくて具体的なスタッツですね。1時間もすれば忘れるでしょう」と、詳細なデータも出せるMLBならではの細かすぎるスタッツの紹介を締めくくっていた。

 興味を持った米ファンからは「ショウヘイがショウヘイってまた歴史を作ったのね」「その通り」「誰かショウヘイの“最初の選手”という本を書いてくれ。1日中それを読む」とコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集