[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実に置き去りにされた2位廣中璃梨佳は涙声「ラスト競り負け。世界で戦えない」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が15分05秒61で優勝。2位だった800メートル決勝終了後、75分後に行われたレースで異次元の強さを発揮した。21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)も15分11秒08の2位で内定。1万メートルに続く2つ目の代表権となったが、熾烈な代表争いの苦しみを吐露した。

2つ目の代表権を獲得した廣中璃梨佳。しかし優勝した田中には大きな差をつけられた【写真:奥井隆史】
2つ目の代表権を獲得した廣中璃梨佳。しかし優勝した田中には大きな差をつけられた【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子5000メートル決勝では、22歳の田中希実(豊田自動織機)が15分05秒61で優勝。2位だった800メートル決勝終了後、75分後に行われたレースで異次元の強さを発揮した。21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)も15分11秒08の2位で内定。1万メートルに続く2つ目の代表権となったが、熾烈な代表争いの苦しみを吐露した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 田中、廣中、萩谷楓、木村友香、佐藤早也伽の5人が参加標準記録を突破していた種目。スタート直後はスローペースだったが、徐々にペースが上がった。田中と廣中を先頭に、7人が集団を作る展開に。1人ずつ減っていくサバイバルとなり、廣中はギアチェンジを試みた。残り800メートルでトレードマークのピンク色の帽子を投げ捨てる。しかし、田中を振り切ることができず、残り1周から逆にスパートを掛けられ、置き去りにされた。

 すでに参加標準記録15分10秒00を突破していたため、1万メートルに続く2つ目の世界陸上代表に内定。しかし、勝負に敗れ「ラスト競り負けた。スピードのなさが希実先輩とある中で仕掛けられなかった。悔しい。日本国内で悔しいということは、世界で戦うことはできない」と唇を噛んだ。

 5月7日の1万メートル日本選手権は貫録の強さで優勝。大会前に重度の貧血を患いながら勝ち切った。「あの時よりは練習を積めていた」と明かしたが、「いろんな葛藤が凄くありながらだった。苦しいことの方が多かった」と涙声で語り、こう続けた。

「自分の中で確実に3位以内に入って代表権を獲りたい中で、意識は2連覇したいのもあった。1万メートルの前にあまり練習をできず、過程にモヤモヤしているところがあった。この1か月、そういう面で悩みました。練習どうこうよりも不安が大きかった。5人が参加標準記録を突破している中でどんな展開になるのか、という不安。

 監督に相談したり、コーチ陣に気にしてもらいながら『一人じゃない。みんなと(一緒に)戦っているんだ』と思うことができた。いろんな人に支えられながら今日を迎えられたのは財産。恩返しの気持ちは伝わったかな」

 東京五輪1万メートルで自己ベスト31分00秒71をマークし、7位入賞を果たした。5000メートルは14分52秒84で9位だったが、05年福士加代子の日本記録14分53秒22を16年ぶりに更新。今年5月の日本選手権1万メートルで2連覇し、世界陸上の代表に内定していた。苦しみながらも掴みとった2つ目の世陸切符。「もっと気を引き締めて、オリンピックの時の自分に勝つために一つ、一つ見つめ直したい」。田中とともに世界と戦いにいく。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集