[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮里藍、中3から知る同い年の2位藤田さいきを称賛「彼女は希望。グッときて泣きそうに」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス最終日が12日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。優勝は4位から出て68で回って通算12アンダーの山下美夢有(加賀電子)でツアー3勝目。単独首位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は73で回って通算11アンダーと届かず、10年239日ぶりとなるツアー6勝目を逃した。だが、大会アンバサダーの宮里藍は、同じ36歳で最後まで気持ちを込めた藤田を「かっこよかった」と称賛した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

表彰式でスピーチする宮里藍さん【写真:Getty Images】
表彰式でスピーチする宮里藍さん【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス最終日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス最終日が12日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。優勝は4位から出て68で回って通算12アンダーの山下美夢有(加賀電子)でツアー3勝目。単独首位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は73で回って通算11アンダーと届かず、10年239日ぶりとなるツアー6勝目を逃した。だが、大会アンバサダーの宮里藍は、同じ36歳で最後まで気持ちを込めた藤田を「かっこよかった」と称賛した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 山下の優勝会見が終わると、宮里が大会を総括した。山下については、「コースマネジメントが徹底していますね」と評価。その上で「私が20歳の時は、ピンを狙ってばかりいました。でも、山下さんは難しい状況になると、頭の切り替えできていますし、若さだけでないものを感じます」と印象を口にした。

 藤田のことを聞かれると、少し熱い口調になった。

「すごく頑張っていましたよね。想像ですが、(年齢的に)体の感覚が日に日に変わると思います。惜しくも2位でしたが、17番のバーディーが入った時のガッツポーズにグッときて、泣きそうになりました。かっこよかったです」

 宮里と藤田は、中3で初めて顔を合わせている。藤田は宮里より10年遅れの14歳でゴルフを始めているが、すぐに力をつけて半年後には全国大会に出場。同組になった宮里を飛距離で圧倒している。当時のことを覚えている宮里は言った。

「やっぱり、飛距離の印象が一番強かったですね。でも、それを今も生かしていることがすごいなと思います。(ベテランながら一線で戦えている)数少ない選手という認識はありますし、希望です。同世代の選手には刺激になりますし、続く選手も出てくると思います。そういう意味でも、大きな2位だと感じています」

 宮里自身は2017年シーズン限りでツアーを引退した。その後、結婚して、昨年12月には第1子の女児を出産。だが、自身が憧れてきたアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、子育てをしながらも競技を再開し、前週の全米女子オープン出場も果たした。

 将来的に宮里にもカムバックの可能性はあるのか……。それを問うと、「全くないですね」と笑顔で否定した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集