[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、イーグルかと思いきやパーになってしまう珍事発生「まあ、運がなかった」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。前週、全米女子オープンに出場した小祝さくら(ニトリ)は、5バーディー、2ボギーの69で3アンダー。首位と4打差の10位発進となった。4番パー5では珍事も。グリーン目掛けて放った第3打が一度はカップインしたものの、勢いあまって飛び出し、15メートルも押し戻されてしまった。会見では「まあ、運がなかったということで」とサラリと振り返った。

宮里藍サントリーレディス、3アンダーで首位と4打差の10位発進となった小祝さくら【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス、3アンダーで首位と4打差の10位発進となった小祝さくら【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス初日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。前週、全米女子オープンに出場した小祝さくら(ニトリ)は、5バーディー、2ボギーの69で3アンダー。首位と4打差の10位発進となった。4番パー5では珍事も。グリーン目掛けて放った第3打が一度はカップインしたものの、勢いあまって飛び出し、15メートルも押し戻されてしまった。会見では「まあ、運がなかったということで」とサラリと振り返った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 イーグルかと思われた一打は、不運にも戻ってしまった。525ヤードの4番パー5。小祝がグリーンを狙った第3打だ。着弾とともに「カコーン!」と音を立てたボールはそのままカップインのスーパーショット……かと思われたが、勢いが良すぎて飛び出した。しかもグリーンを勢いよく手前に転がり、結局15メートルも戻ってしまった。

 スロー映像で見ると、ピンに直撃して一度そのままカップインしたことが確認できる。結局このホールはパー。もしイーグルでスコアを2つ伸ばしていれば、この日は5アンダーで2打差の単独4位になっていた。ただ会見では「ボールに白い傷跡がありました。音も『カコーン』という感じで。まあ、運がなかったということで」とサラリ。それ以上にパットの好感触を喜んだ。

 一般的な順手とは逆で、左手を下、右手を上にしてグリップするクロスハンドを披露。昨年8月のNEC軽井沢72以来となるが、パターの調子を鑑み、ぶっつけ本番で実行した。「(NEC軽井沢72で)前にやった時は5ホールでやめましたが、今日は途中から感覚が良くなりました」と手応えを口にした。

 首位の西村優菜と林菜乃子には4打差。2週前のリゾートトラストレディスでは、球筋をフェードに再調整して優勝を飾った。前週は全米女子OPに出場し、日本勢最高の20位。日米往復で無休を続ける鉄人ぶりも注目されるが、抜群のゴルフセンスも改めて示した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集