[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前ソフトバンク監督・工藤公康氏が指導 娘の遥加が4位発進「球筋を変えた。気合です」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の工藤遥加(フリー)は、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。首位に3打差の4位で発進した。昨季終盤はドライバーの不調に苦しんだが、オフからプロ野球・福岡ソフトバンクホークス前監督の父・公康氏がコーチに就任。球筋をフェードからドローに変える指導を受け、振り切るスイングを取り戻したことを会見で明かした。首位には7アンダーの西村優菜(スターツ)と林菜乃子(ユピテル)が立った。

宮里藍サントリーレディス、4アンダーで首位に3打差の4位発進を決めた工藤遥加【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス、4アンダーで首位に3打差の4位発進を決めた工藤遥加【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス初日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディスが9日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の工藤遥加(フリー)は、5バーディー、1ボギーの68で4アンダー。首位に3打差の4位で発進した。昨季終盤はドライバーの不調に苦しんだが、オフからプロ野球・福岡ソフトバンクホークス前監督の父・公康氏がコーチに就任。球筋をフェードからドローに変える指導を受け、振り切るスイングを取り戻したことを会見で明かした。首位には7アンダーの西村優菜(スターツ)と林菜乃子(ユピテル)が立った。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今季の工藤は、ドライバーショットにこだわっている。昨季終盤は「ドライバーを持ったらどこに飛ぶか分からない」と語り、第1打を3番ウッドか5番ウッドで放っていたが、「今はドライバーしか持ちません。使わなくていいホール以外は」と言った。この日は14ホール中10ホールでフェアウェーキープをし、好発進につなげた。

 転機はオフにあった。プロ野球の投手で通算224勝を記録し、監督としてもソフトバンクを日本一に導いている公康氏がコーチとなり、弱点のドライバーショットを修正することになった。2人で話し合い、球筋を変えることにしたという。

「前はボールを潰すイメージで打ったフェードというかスライスになっていましたが、今はドローになりました。プロはお客さんにドライバーショットを見せなきゃいけないのに、それができていなかったので変えました」

 結果、工藤は本来の飛距離を取り戻した。

「前はキャリーで238ヤードぐらいでしたが、今は250ヤード以上あります」

 高校卒業後、2011年プロテストに一発合格してから11年。ツアー未勝利、シード権取得のシーズンもなく、今季前半戦はツアー最終予選会(QT)33位の資格で出場を重ねている。だが、暫定リランキングは36位と微妙なライン。今季19戦目のニッポンハムレディス終了時に40位以内に入っていれば、その後も当面の試合出場が見込めるだけに、工藤は「とにかく精いっぱいやるだけです。気合です」と自分に言い聞かせた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集