[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実、盤石の1500m1着で決勝進出 7月世界陸上へ最大5レース挑戦「あとは気持ち」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。女子1500メートル予選では、日本人初の東京五輪8位入賞を果たした22歳の田中希実(豊田自動織機)は、4分15秒19の全体1位。2連覇中の種目で10日の決勝に進出した。決勝で3位以内に入れば代表に内定する。

4分15秒19の全体1位で予選を通過した田中希実【写真:奥井隆史】
4分15秒19の全体1位で予選を通過した田中希実【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権が開幕

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。女子1500メートル予選では、日本人初の東京五輪8位入賞を果たした22歳の田中希実(豊田自動織機)は、4分15秒19の全体1位。2連覇中の種目で10日の決勝に進出した。決勝で3位以内に入れば代表に内定する。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 盤石のレースだった。田中はスタートから先頭に出ると、400メートルを1分7秒で通過。800メートルを2分19秒、1200メートルを3分28秒とややペースを落としながら駆け抜けた。2番手以下に終始5~10メートルの差を保ち、組1着の全体トップでフィニッシュ。「今日は予選を安全に通過することを意識していた。(集団の)後ろについてラスト1周で追い抜くレースでもよかったけど、自分と向き合いながら走ることが大事だと思っていた」と振り返った。

 今季は400メートルから1万メートルまで異例の間隔で多数のレースに出場してきた。5月後半は米国遠征に臨み、初戦はシーズンベストの4分06秒35で5位。ダイヤモンドリーグ・ユージーン大会は4分7秒43で最下位の15位だった。帰国後は御嶽合宿で調整してきた。

「今はタイムより体と向き合いながら走った。(早めのペースで)できれば2周行きたかったけど、風があったのか、後ろを意識してからなのか、タイムの割りに体がきつかった。2周目はペースを落としながらリズムを取り戻そうとしていました。一人で走っても後ろを気にしてしまう。1番で走る楽しさは取り戻せていない感じがあります。ラストに後ろの勢いがあって焦ったけど、その割には動いたと思います」

 今大会は初日に1500メートル予選、2日目に同決勝、3日目に800メートル予選、4日目に800メートル決勝と5000メートル決勝を予定。最大5本を走り、4日目のレース間隔はわずか1時間ほどしかない。1500メートルと5000メートルは世界陸上の参加標準記録を突破しており、今大会3位以内に入れば代表に内定する。

 昨年大会は800メートル3位、1500メートル優勝、5000メートル3位。「明日のレースに繋がる。コンディション自体は悪くないので、あとは気持ちだけだと思う」と決勝を見据えた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集