[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、遂に世界最強ランク1位濃厚か 米ESPN断言「今やPFPキングに微塵も疑念なし」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけたモンスターについて、米スポーツ専門局「ESPN」では「世界最高のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ファイター」と絶賛している。

ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、喜ぶ井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、喜ぶ井上尚弥【写真:荒川祐史】

現在PFP2位に格付けするESPNが絶賛「世界最高のPFPファイター」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけたモンスターについて、米スポーツ専門局「ESPN」では「世界最高のパウンド・フォー・パウンド(PFP)ファイター」と絶賛している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 英雄ドネアとの再戦をわずか264秒で仕留めた井上。米国で中継していたESPNでは「ノニト・ドネアにTKO勝利後、ナオヤ・イノウエは世界で最高のPFPファイター」とタイトルで特集した。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」とは階級を超越した最強ボクサーを格付けするもの。ESPNでは、長らくPFP1位に君臨したカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)が世界ライトヘビー級タイトル戦でドミトリー・ビボル(ロシア)に敗れ、4位に陥落。井上が2位に浮上していた。

 今回の記事では、ドネアを粉砕した井上について「モンスターが今やPFPのキングであることに、いささかの疑念もない」と称賛。最新ランクは近日中に発表されるものとみられるが、ボクシング界で最も権威ある専門誌「ザ・リング」とともに影響力のある米国最大のスポーツ専門局「ESPN」でPFP1位となれば、日本スポーツ界にとって歴史的快挙となる。

 ドネアの実力にも異論の余地はないという。ESPNのバンタム級格付けでは、井上に続く2位評価で「3位の(元WBO世界王者)ジョンリエル・カシメロと彼は多大な差が存在する」と指摘。カシメロの失格でWBO正規王者となったポール・バトラー(英国)が最後のベルトを手にしているが、記事では「現時点で118ポンド(バンタム級)において証明すべきことは何もない」と分析している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集