[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、衝撃の圧勝に“神の子”ウォードも驚愕「期待を超えた? 間違いないよ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。わずか264秒の高速決着に、米国で中継した大手スポーツ専門局「ESPN」も驚き。解説を務めた“神の子”アンドレ・ウォード氏は「期待を超えた? 間違いないよ」と絶賛した。

ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに2回TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した井上尚弥【写真:荒川祐史】

ESPNで解説を務めたウォード「2回KOになるとは思ってもみなかった」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一の偉業に王手をかけた。わずか264秒の高速決着に、米国で中継した大手スポーツ専門局「ESPN」も驚き。解説を務めた“神の子”アンドレ・ウォード氏は「期待を超えた? 間違いないよ」と絶賛した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 さいたまの衝撃は米国にも届いた。井上―ドネア戦はESPNが米国で中継。本場のファンにバンタム級決戦を届けた。その舞台で井上は圧勝。世界が注目する実力をいかんなく発揮した。驚きの声を上げたのは、解説を務めたウォード氏。世界ライトヘビー級の3団体統一王者で“神の子”の異名を取ったレジェンドボクサーだ。

 試合後の中継で「ドネアに一瞬たりともチャンスを与えなかった。冷静で、落ち着いて計算通りだった。1回終盤の強烈な右がドネアに多くのトラブルを起こすきっかけとなった。そこから立ち直れなかった」と評したウォード氏。「イノウエのパンチは非常に効率的だからだ。何も無駄にしない。ほとんど隙も見せない。ドネアはパンチを当てようとしたが、(イノウエの)パンチの爆発力は耐えられるものではなかった」と分析した。

 その上で「期待を超えたか?」と問われると、ウォード氏は「間違いないよ」と断言。「1戦目のような接戦になると思っていたが、2回KOになるとは思ってもみなかった。ドネアはここ数年衰え知らずだった。しかし、今夜はイノウエという災難が襲い、年齢を感じさせたかもしれない」と話し、レジェンドのドネアを完膚なきまでに沈めた井上の破壊力に驚きを隠せない様子だった。「モンスター」の実力を改めて、知らしめる結果となった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集