[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、漫画レベルの衝撃TKOに早朝の米ファンまでも熱狂「ハジメ・ノ・イノウエ」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。4団体統一の偉業に王手をかけた。埼玉でのモンスターの大暴れに米ファンも熱狂。2度のダウンシーンに「日本のタイソンだ」「フロイドより速い」などの興奮の声が集まっている。

ノニト・ドネアに左フックを浴びせる井上尚弥【写真:荒川祐史】
ノニト・ドネアに左フックを浴びせる井上尚弥【写真:荒川祐史】

早朝に目撃した米ファンも熱狂「モンスターにとっては朝飯前だった」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が7日、さいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功した。4団体統一の偉業に王手をかけた。埼玉でのモンスターの大暴れに米ファンも熱狂。2度のダウンシーンに「日本のタイソンだ」「フロイドより速い」などの興奮の声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 12ラウンドを戦った3年前とは全く対照的な光景が広がっていた。初回終了間際、井上の右ストレートが左テンプルを貫いた。ダウンしたドネアは何とか立ち上がった中、初回終了のゴングに救われた。2回もモンスターの猛攻は止まらない。ロープ際に追い込んで猛ラッシュ。2度目のダウンを奪って決着となった。

 米国では早朝に行われた一戦。米スポーツ専門局「ESPN」公式インスタグラムが2度のダウンシーンを映像で公開すると、米ファンも早速反応した。「真のP4Pのキング」「現在のNo.1」「興奮する試合だった」「日本のタイソンだ」「モンスターにとっては朝飯前だった」「フロイド(・メイウェザー)より速い」などの驚嘆の声が寄せられ、「ハジメ・ノ・イノウエ」と人気ボクシング漫画「はじめの一歩」になぞらえる声もあった。

 両者は2019年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で対戦。井上が歴史的死闘の末に判定勝ちを収めていたが、今回は264秒の瞬殺劇。当時よりさらに“凶暴化”したモンスターに米ファンは酔いしれた様子だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集