[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子バレー日本に0-3完敗 世界No.1米国の指揮官も脱帽「我々に多くの問題もたらした」

バレーボールのネーションズリーグ女子は5日(日本時間6日)、米ルイジアナ州ボージャー・シティでなどで1次リーグが行われ、世界ランク7位の日本は同1位の米国と対戦。3-0で勝利し、開幕4連勝を飾った。敗れた米国代表の指揮官は「日本はとても良い試合をし、我々に多くの問題をもたらした」と日本を称賛した。

日本代表主将の古賀紗理那(写真は2019年)【写真:Getty Images】
日本代表主将の古賀紗理那(写真は2019年)【写真:Getty Images】

日本はネーションズリーグ開幕4連勝

 バレーボールのネーションズリーグ女子は5日(日本時間6日)、米ルイジアナ州ボージャー・シティなどで1次リーグが行われ、世界ランク7位の日本は同1位の米国と対戦。3-0で勝利し、開幕4連勝を飾った。敗れた米国代表の指揮官は「日本はとても良い試合をし、我々に多くの問題をもたらした」と日本を称賛した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 第1セットは日本がリードしながらも米国が追いすがる展開。終盤に22-22となるも日本が連続ポイントで突き放し、25-22で先取した。続く第2セットを25-20で取った日本は、第3セットも主導権を譲らず25-20とし、東京五輪金メダルの米国をストレートで下した。主将の古賀紗理那と井上愛里沙は両軍最多の19点を挙げる躍動。開幕からの連勝を4に伸ばした。

 米国バレーボール協会公式サイトは試合後、米国のカーチ・キライヘッドコーチのコメントを公開。「日本はとても良い試合をし、ショートサーブで我々に多くの問題をもたらした。気持ちよくプレーさせてもらえなかったし、対応するのに時間を有しすぎた」と称賛。「我々が、自身の攻撃を展開するよりも、彼女らの方が彼女ら自身の持つ攻撃を出せていた」と主導権を握れなかったことを悔やんだ。

 昨季まで3シーズン、V1リーグのJTマーヴェラスでプレーしたアンドレア・ドルーズは「彼女たちは素晴らしいプレーをしたと思う。一丸となっていたし、私たち相手に何をするのか明確だった」と日本のチーム力に脱帽していた。出場16か国中唯一の4連勝の日本は次戦、14日にポーランドと対戦する。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集