[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥戦、当日券800枚で1万8000人の「超満員」へ 両者がルール会議にも異例参加

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。6日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が実施され、井上が53.5キロ、ドネアが53.4キロでともに一発でクリア。計量後はルール会議に参加した。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

両者計量クリアし、ガッツポーズを見せる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】
両者計量クリアし、ガッツポーズを見せる井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:浜田洋平】

井上尚弥VSドネアが前日計量

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。6日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が実施され、井上が53.5キロ、ドネアが53.4キロでともに一発でクリア。計量後はルール会議に参加した。戦績は29歳の井上が22勝(19KO)、39歳のドネアが42勝(28KO)6敗。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上から計量台に乗り、リミットでクリア。両腕で力こぶを作ってアピールした。ドネアも0.1キロアンダーでクリア。会場は拍手に包まれた。にらみ合いのフェイスオフは約15秒行われ、ドネアがお辞儀をすると井上も会釈で返した。ともに敬意を持つ間柄ではあるが、3日の会見と同様に一度も握手を交わすことなく、再戦への緊張感が漂った。

 体力回復を終え、両者は世界戦のルール・ミーティングに冒頭のみ参加。通常は両陣営の会長やトレーナーだけで行われるが、各団体ごとにルールが異なるため、採用されたものを確認した。複数のベルトが懸かる3団体統一戦ならではの異例の対応だ。

 WBAスーパー&IBF王者の井上にとって、近年と異なるのはWBCの「インスタント・リプレー(ビデオ判定)」が導入されること。スーパーバイザーの指摘があった場合、ダウンかスリップか、負傷はバッティングかヒッティングか、終了のゴング後の加撃ではなかったか、などをその場で映像で確認する。「4、8回終了時の公開採点」「スポーツドリンクの使用」も採用された。

 井上陣営の大橋秀行会長は、計量を終え「ホッとしています」と興行主として安堵の表情を浮かべた。インスタント・リプレーには「お互い様なので、どちらが有利とかはない」とした上で「あった方が見ている人にはわかりやすい。Amazon プライム・ビデオで新しい方々も見る。ボクシング人気にも関わるので大事なことですね」と歓迎した。

 当日券は会場窓口にて午後3時から800枚を追加販売。1万7000~8000人の来場を見込んでおり「3時から販売します。それで超満員の予定です」と明かした。

 2019年11月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦。当時は井上が判定勝ちし、多くの海外メディアから「年間最高試合」に選ばれた。今回勝てば、両者ともWBO王者ポール・バトラー(英国)との4団体統一戦を狙っている。試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集