[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • バド日本女子代表が新たな黄金期へ、主将の高橋礼「中国のように連覇していければ」

バド日本女子代表が新たな黄金期へ、主将の高橋礼「中国のように連覇していければ」

37年ぶりの快挙は、日本最強時代の幕開けとなるか。国別対抗戦で男子がトマス杯準優勝、女子がユーバー杯優勝と輝かしい成績を収めたバドミントン日本代表が28日に帰国し、記者会見を行った。

バドミントン女子日本代表【写真:平野貴也】
バドミントン女子日本代表【写真:平野貴也】

女子は圧倒的な強さで37年ぶりのユーバー杯制覇

 37年ぶりの快挙は、日本最強時代の幕開けとなるか。国別対抗戦で男子がトマス杯準優勝、女子がユーバー杯優勝と輝かしい成績を収めたバドミントン日本代表が28日に帰国し、記者会見を行った。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 女子は、第27回ユーバー杯で37年ぶり6度目の優勝を飾った。第1シードで優勝候補に挙げられる中で、安定した強さを発揮。主将を務めた高橋礼華(日本ユニシス)は「すごくプレッシャーを感じていたけど、試合をしてみたらチームワークの良さ、選手層の厚さをあらためて実感した。中国が何連覇もしてきたことを、これから日本もやっていきたいと思った」と世界タイトル常連国への成長を今後の目標に掲げた。

 高橋は、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した松友美佐紀(日本ユニシス)とのペアで第2ダブルスを担った。準決勝の韓国戦では、勝利を確定させる勝利を挙げてチームに貢献するなど力を発揮したが、開催国タイとの決勝戦では、先に第1、2シングルスと第1ダブルスが勝って3-0となったため、出番がなく優勝が決まった。

 圧倒的な強さだった。6試合のうち、相手にポイントを奪われたのは2試合だけだった。グループリーグは、オーストラリア、カナダ、インドにいずれも5-0で全勝。準々決勝では台湾と対戦し、第1シングルスの山口茜(再春館製薬所)がタイ・ツーインとの世界ランク2位、1位対決に敗れたが、3-1で勝利した。準決勝では前回の大会で敗れた韓国に3-1で雪辱。山口が第1シングルスを勝った後、第1ダブルスの福島由紀、廣田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)が敗れたが、第2シングルスの奥原希望(日本ユニシス)、第2ダブルスの高橋、松友組が勝った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー