[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 痛みに耐える“超人プレー” 華麗なスライディングトスに米喝采「めちゃカッコイイ」

痛みに耐える“超人プレー” 華麗なスライディングトスに米喝采「めちゃカッコイイ」

米大リーグで、世界一軍団のセットアッパーが見せた魂の守備が話題を呼んでいる。ピッチャー返しの打球が右足を直撃。だが、跳ね返ったボールを追いかけ、華麗なスライディングキャッチからのトスで打者をアウトにするシーンを、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介。「めちゃくちゃカッコいいな」とファンを興奮させている。

アストロズのセットアッパー、クリス・デベンスキー【写真:Getty Images】
アストロズのセットアッパー、クリス・デベンスキー【写真:Getty Images】

アストロズのデベンスキーの右足にボールが直撃するも、気迫の好プレーでアウトに

 米大リーグで、世界一軍団のセットアッパーが見せた魂の守備が話題を呼んでいる。ピッチャー返しの打球が右足を直撃。だが、跳ね返ったボールを追いかけ、華麗なスライディングキャッチからのトスで打者をアウトにするシーンを、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が紹介。「めちゃくちゃカッコいいな」とファンを興奮させている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 魂のプレーを披露したのは、アストロズのセットアッパー、クリス・デベンスキーだった。27日(日本時間28日)のインディアンス戦だ。

 8回からマウンドに上がった右腕。先頭のアレンの打球は、痛烈なピッチャー返し。この打球が投げ終わった右足を直撃したのだ。間違いなく激痛が走ったはずだが、デベンスキーはアドレナリンで痛みを消し去った。

 一塁側へ跳ね返ったボールを、すぐに追いかけると、ラインを越えたところでスライディングキャッチ。そして右手でトスし、間一髪でアレンをアウトにしたのだ。

 このプレーを「Cut4」は「クリス・デベンスキーがインディアンス相手に“華麗な守備”で魅せた」とレポートしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー