[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打撃開眼した1番打者も「アンリアル」と絶賛「素晴らしい性格も知っている」

米大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平投手について、今季打撃が開眼したテーラー・ウォード外野手が米メディアのインタビューで語った。「彼と同じチームで戦えることが本当に嬉しい」などと称賛している。

今季打線を牽引する同僚が大谷翔平を称賛【写真:Getty Images】
今季打線を牽引する同僚が大谷翔平を称賛【写真:Getty Images】

今季打線を牽引するウォードが大谷について言及

 米大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平投手について、今季打撃が開眼したテーラー・ウォード外野手が米メディアのインタビューで語った。「彼と同じチームで戦えることが本当に嬉しい」などと称賛している。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 28歳にして打撃の才能が開花したウォード。ここまで打率.347、10本塁打、26打点、OPSもなんと1.145と絶好調だ。怪我で数試合の欠場があったものの、今季1番打者としてチームを牽引し、大谷やマイク・トラウト外野手と強力な上位打線を形成している。

 そんなウォードに対し、米デジタルメディア「ファンタスティック・ビュー」がインタビューを行った。同メディアの野球専門YouTubeチャンネル「ベースボール・オン・ファンタスティック・ビュー」で公開されている。二刀流で活躍する大谷について聞かれ、「アンビリーバブルだ。誰もやってこなかったことをやっている。あれはベーブ・ルースだ。(トラウトを含めた)2人が一緒にやっていることはアンリアルなことなんだ」と答えた。

 大谷の前を打つことが多いウォードは、その人間性にも注目。「彼が素晴らしい性格だということを知っているし、スーパーインクレディブル。彼と同じチームで戦えることが本当に嬉しい」と誇らしげに語った。

 2014年を最後にプレーオフから遠ざかっているエンゼルス。現在6連敗中ながらも、今季はここまで地区2位。ウォードはプレーオフ進出の可能性を問われると「それは明らか。俺は疑っていない。今季俺たちの状態は良い。全員がその気持ちを持って戦っている」と話し、前を向いていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集