[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 162キロ送球より凄い!? ヤ軍怪物の“さりげない豪送球”に唖然「6m先に投げるよう」

162キロ送球より凄い!? ヤ軍怪物の“さりげない豪送球”に唖然「6m先に投げるよう」

米大リーグのヤンキースが誇る怪物、アーロン・ジャッジ外野手。大谷翔平投手も出場した25日(日本時間26日)のエンゼルス戦ではライトから100.5マイル(約162キロ)の驚愕のレーザービームで本塁補殺を演じ、話題を呼んでいたが、同じ試合でもう一つ脚光を浴びていたプレーが、二塁打を阻止した“さりげない豪送球”だ。MLBは動画付きで公開し、米メディアは「穏やかに振り返ってロケットを放つ」と反響が広がっている。

アーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】
アーロン・ジャッジ【写真:Getty Images】

まるで錯覚? ジャッジが演じた超美技に反響「穏やかに振り返ってロケット」

 米大リーグのヤンキースが誇る怪物、アーロン・ジャッジ外野手。大谷翔平投手も出場した25日(日本時間26日)のエンゼルス戦ではライトから100.5マイル(約162キロ)の驚愕のレーザービームで本塁補殺を演じ、話題を呼んでいたが、同じ試合でもう一つ脚光を浴びていたプレーが、二塁打を阻止した“さりげない豪送球”だ。MLBは動画付きで公開し、米メディアは「穏やかに振り返ってロケットを放つ」と反響が広がっている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 まるで錯覚を錯覚を受けているかのような、不思議なシーンだった。25日のエンゼルス戦。ジャッジは3回の守備でライトから100.5マイル(約162キロ)のレーザービームで二塁走者を本塁で刺した。ド派手なプレーだったが、それ以上に凄みを感じさせたのは、1-1で迎えた7回の場面だった。

 1死からマルドナードがライナー性の打球をライト線に運んだ。これをジャッジが処理に追う。打者走者は一塁を蹴って二塁へ走った。右翼ポールの際でクッションボールを処理すると振り向き、ゆったりとした動きから軽く右腕を振った……ように見えた。しかし、白球は動きとは反比例していた。

 高く放たれた送球は全く垂れることなく失速しない。それどころか、二塁までノーバウンドで届いた。しかも、完全にストライク送球。間一髪のタイミングでアウトにしてみせたのだ。3回に続く圧巻のプレーに一気に熱狂に沸くヤンキースタジアム。背番号99もしてやったりの表情を浮かべていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー