[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

風邪を引いたら、乳酸菌を飲むといいって本当ですか?(保護者)

質問者 小学3年生の母親

 風邪を引いたら、乳酸菌を飲むといいというのは本当ですか?

回答者 橋本玲子氏(公認スポーツ栄養士)

 乳酸菌がいいとされるのは“かぜの予防”です。

 腸の働きや腸内環境を整えてくれるので、免疫力を高め、風邪を引きにくくするのに役立ちます。予防ですから、風邪を引いてから慌てて食べるのではなく、普段から摂る習慣をつけましょう。

 ヨーグルトやキムチ、味噌など、発酵食品に豊富に含まれています。

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

2003年ラグビーワールドカップ日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビートップリーグ・パナソニック ワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)ならびに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集