[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のKOが奪われた!? 海外でも物議を呼んだドネアの悶絶ダウン「審判が奪った」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。判定勝ちした第1戦から2年7か月。世紀の再戦を盛り上げるべく「ドラマ・イン・サイタマ2」と題し、第1戦で話題になった出来事をピックアップする。今回は、11回に井上が奪ったダウンだ。WBSS公式が一つの物議を呼んだシーンの動画を公開していた。

2019年11月の第1戦でパンチを繰り出す井上尚弥(右)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】
2019年11月の第1戦でパンチを繰り出す井上尚弥(右)とノニト・ドネア【写真:Getty Images】

6.7井上尚弥VSドネアまであとわずか―「ドラマ・イン・サイタマ2」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。判定勝ちした第1戦から2年7か月。世紀の再戦を盛り上げるべく「ドラマ・イン・サイタマ2」と題し、第1戦で話題になった出来事をピックアップする。今回は、11回に井上が奪ったダウンだ。WBSS公式が一つの物議を呼んだシーンの動画を公開していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 井上の強烈な左ボディーがドネアをキャンバスに跪かせた。11回1分過ぎ。右アッパーを出した直後、左拳をレバーに突き刺した。後ずさりする相手を仕留めにかかったが、レフェリーが割って入る。少し歩いたドネアはコーナー付近で膝をついた。この試合で両者唯一のダウンだった。

 ダウンシーンの動画をWBSS公式ツイッターが公開。「ノニト・ドネアを跪かせたナオヤ・イノウエの残忍なボディーショットのスロー動画」とつづっていた。海外ファンからは「見事なボディーパンチ!!!!!!」「レバー・ショット。生き残れる人は皆無」などと興奮の声が相次いだ。

 一方、カウントが長かったこともあり、「レフェリーがイノウエからKOを奪った」「この時のレフェリーはよくなかった」「ほどんどのレフェリーはこの段階でストップをかけるだろう」と、レフェリーへの不満の声も少なくなかった。当時は海外メディアや記者からも“幻のKO劇”として指摘された場面。今回はどんな激闘が生まれるのだろうか。

〇…試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦が独占生配信され、大きな反響を集めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集