[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷は「ルース以来最高の二刀流」に― 敵地メディア賛辞「天才は仰天させ続ける」

大谷は「ルース以来最高の二刀流」に― 敵地メディア賛辞「天才は仰天させ続ける」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ブルージェイズ戦に「5番・DH」で3戦連続スタメン出場。二塁打2本を放ち、3打数2安打2四球で4出塁の活躍で、8-1の快勝に貢献した。第5打席には投手強襲で二遊間を割った中前打で二塁を陥れる“センター前二塁打”を披露。「MLB Replay」が動画付きで公開し、米ファンは「彼はアニマルだよ」などと驚きが広がっていたが、ブルージェイズの地元メディアは「天才・大谷翔平は仰天させ続ける」と大谷のカナダ初上陸を振り返っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

初上陸のカナダメディアが二刀流特集「天才・大谷翔平は仰天させ続ける」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が24日(日本時間25日)、敵地ブルージェイズ戦に「5番・DH」で3戦連続スタメン出場。二塁打2本を放ち、3打数2安打2四球で4出塁の活躍で、8-1の快勝に貢献した。第5打席には投手強襲で二遊間を割った中前打で二塁を陥れる“センター前二塁打”を披露。「MLB Replay」が動画付きで公開し、米ファンは「彼はアニマルだよ」などと驚きが広がっていたが、ブルージェイズの地元メディアは「天才・大谷翔平は仰天させ続ける」と大谷のカナダ初上陸を振り返っている。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 大谷がトロントの風を切った。敵地のブルージェイズファンも沸かせたのは、最終回だった。

 エンゼルスが7-1とリードし、9回2死走者なしで迎えた第5打席。右腕・マグワイアの初球を捉えた。投手を強襲した打球は、追いかけた二遊間を抜け、そのままセンター右寄りにゴロで転がった。中堅手がチャージして処理する。しかし、単打と判断したのか、処理にわずかに隙があった。そして、中堅手が顔を上げた次の瞬間だ。

 大谷は一塁を蹴って二塁に向かっていた。中堅手は慌ててセカンドに入った遊撃手に送球したが、背番号17は大きなストライドから猛スピードで足から滑り込んだ。二塁塁審の判定はアウト。しかし、タッチよりも大谷の二塁到達の方が早いように見えた。すかさずソーシア監督がチャレンジを申告すると、セーフに覆ったのだ。

 敵地も沸き上がり、ブルージェイズ3連戦の最後も盛り上げた大谷。圧巻の“センター前二塁打”を「MLB Replay」は公式ツイッターに動画付きで公開し、ツイッター上では「結構な足を持ってるな。できないことはあるんだろうか? 彼はアニマルだよ」などと米ファンに驚きを呼んでいたが、カナダメディアも初上陸の二刀流に脚光を当てている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー