[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、無念の予選落ち「出直し!」 3オーバーで通過ライン1打及ばず「悔しい」

女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは20日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で2日目が行われ、6か月ぶりの国内参戦となった渋野日向子(サントリー)は2バーディー、3ボギーの73で回り、通算3オーバーの69位となった。60位までの通過ラインに達することができず予選落ちが決定。プレー後の会見では「良いところを何一つ見せられず悔しい気持ちでしかない」と話した。

ホールアウト時点で暫定67位となり、予選通過ラインに達することができなかった渋野日向子【写真:Getty Images】
ホールアウト時点で暫定67位となり、予選通過ラインに達することができなかった渋野日向子【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス2日目

 女子ゴルフの国内ツアー・ブリヂストンレディスは20日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で2日目が行われ、6か月ぶりの国内参戦となった渋野日向子(サントリー)は2バーディー、3ボギーの73で回り、通算3オーバーの69位となった。60位までの通過ラインに達することができず予選落ちが決定。プレー後の会見では「良いところを何一つ見せられず悔しい気持ちでしかない」と話した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 初日は2オーバーの67位と出遅れ、会見で「10点」と自己評価していた渋野。この日も出だし1番パー4でボギーを叩くなど流れに乗れない。2つスコアを落として迎えた後半10番パー4、1メートルのパットを決めてようやくこの日最初のバーディーを奪うも、13番パー4では3パットでボギーとした。

 15番パー4でチップインパーを記録。続く16番パー4でバーディーを奪うなど粘るも、予選通過ラインまで1打足りなかった。会見では「スコアとしては(昨日より)1打良くなったが、内容としては(点数は)マイナスかな」と振り返った。

 ドライバーが右に曲がるミスが多く「耐えなければいけないようなゴルフになった」と反省。「パーを拾うのに精いっぱいな感じ。パーを拾っても次のティーショットに生かせず、前向きになれなかった」と話した。

 今季から米女子ツアーに本格参戦。7試合を戦い、、4月のロッテ選手権2位、シェブロン選手権4位などトップ10入り3度と健闘していた。国内ツアーの参戦は昨年11月の大王製紙エリエールレディス以来6か月ぶりだった。

 多くのギャラリーに見守られてプレーしたが「皆さんの顔を見て歩くことができないくらいしんどかったが、声をかけてくださる方、足元が悪い中で高齢の方も応援しに来てくださった。良いところを何一つ見せられず悔しい気持ちでしかない」と話し、「帰ってきて、応援して下さる方がこんなにいてくれる。幸せなことだとしみじみ思っています」と感謝も口にした。

 大会前には「4日間大会で出たいというのもあった」と6月の全米女子オープンに向けての調整の意味もあることを明かしていた。「しっかり4日間戦って、良い状態でUSオープンに行きたかったが、全く(力を)発揮することができなかった」とガックリ。「やれることはしっかりやって、準備しきったと言えるくらいの準備ができたら」と気持ちを切り替えていた。最後は「出直し!」と繰り返し、会見場を後にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集