[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

156kmで急降下する衝撃シンカー ドミニカ出身左腕に米仰天「今までで一番強烈な球だ」

米大リーグ・アストロズの左腕が投じた高速シンカーが注目を集めている。19日(日本時間20日)のレンジャーズ戦に先発したフランバー・バルデス投手は7回6安打1失点、7奪三振の快投で5-1の勝利に貢献。2回に高速で落ちる驚きの変化球で空振り三振を奪い、米ファンを「エグい」「一番強烈な球の一つ」と仰天させていた。

アストロズのフランバー・バルデス【写真:ロイター】
アストロズのフランバー・バルデス【写真:ロイター】

レンジャーズ戦でバルデスが強烈な変化球を披露

 米大リーグ・アストロズの左腕が投じた高速シンカーが注目を集めている。19日(日本時間20日)のレンジャーズ戦に先発したフランバー・バルデス投手は7回6安打1失点、7奪三振の快投で5-1の勝利に貢献。2回に高速で落ちる驚きの変化球で空振り三振を奪い、米ファンを「エグい」「一番強烈な球の一つ」と仰天させていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2-1と1点リードの2回1死走者なし。右打席アンディ・イバニェスを0-2と追い込んでからの3球目だ。左腕バルデスが投じたのは97マイル(約156キロ)のシンカーだった。真ん中低めへのボールは、プレート手前で急変化。打者から逃げるように高速で沈んだ。イバニェスのバットは空を切り、空振り三振となった。

 実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。文面には「フランバー・バルデス、97マイル(約156キロ)の悪魔のシンカー」と記した。米ファンからは「エグい」「マジかよ」「今まで見た中で一番強烈な球の一つだ」「ゴージャスだね」「これはヤバいわ」「これ見てもメジャーの打者になれると思うかな?」とコメントが寄せられていた。

 バルデスはドミニカ出身の28歳。2018年にアストロズでメジャーデビュー。昨季は11勝を挙げてワールドシリーズ進出に貢献。今季はここまで8試合に先発登板し、防御率2.68を記録している。この試合では初回に1点献上したものの、その後は失点を許さず。今季3勝目を手にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集