[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エ軍・マドン監督、59回目の退場で怒り爆発 10回逆転サヨナラ負けと踏んだり蹴ったり

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は(日本時間19日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては6回6安打2失点で、勝ち負けはつかなかった。野手としては5打数無安打。チームは延長10回サヨナラ負けを喫した。この試合で同点の9回にジョー・マドン監督が通算59度目の退場に。怒りの様子を米記者も伝えた。

球審と口論するエンゼルスのマドン監督は通算59度目の退場に【写真:AP】
球審と口論するエンゼルスのマドン監督は通算59度目の退場に【写真:AP】

大谷は6回2失点も勝ち負け付かず

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は(日本時間19日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投手としては6回6安打2失点で、勝ち負けはつかなかった。野手としては5打数無安打。チームは延長10回サヨナラ負けを喫した。この試合で同点の9回にジョー・マドン監督が通算59度目の退場に。怒りの様子を米記者も伝えた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 同点の9回、2死満塁のピンチでマドン監督はマウンドへ。そこに近づいた球審と何やら言葉を交わしたが、退場を宣言された。マドン監督は納得いかない様子。怒りの表情で球審に指を突きつけるなどしてまくし立てていた。

 この模様をツイッター上の米記者も速報。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のレビ・ウィーバー記者は「ジョー・マドンは満塁で申告敬遠しなかったが、満塁で自己退場した」と、今季満塁の状況から申告敬遠をしたことがあるマドン監督の退場を表現した。

 米テキサス州地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」のデジタル・スポーツ・プロデューサー、ブライス・パテリック氏は「ジョー・マドンがMLBのプレースピード改善戦略を、独力で破壊すると決意した」と紹介した。その後、エンゼルスはピンチをしのいで延長戦に突入。10回に1点を勝ち越したが、その裏に守護神イグレシアスが痛恨のサヨナラ2ランを浴び、5-6で同一カード3連敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集