[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本に帰ってきた渋野日向子、繰り返した「欲との闘い」 その視線の先には全米女子OP

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日に千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。前日の18日は、渋野日向子(サントリー)が会見。今季から主戦場とする米女子ツアーから一時帰国し、自身の国内初戦となる今大会のテーマを「欲との闘い」に置いていることを明かした。その視線の先には、2週間後の全米女子オープン(6月2~5日)がある。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

渋野日向子【写真:AP】
渋野日向子【写真:AP】

ブリヂストンレディスで今季国内初戦

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日に千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。前日の18日は、渋野日向子(サントリー)が会見。今季から主戦場とする米女子ツアーから一時帰国し、自身の国内初戦となる今大会のテーマを「欲との闘い」に置いていることを明かした。その視線の先には、2週間後の全米女子オープン(6月2~5日)がある。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 渋野は会見で「自分の欲との闘いです」と繰り返した。出場した米女子ツアー7試合を振り返る中でも、「マネジメントを考えながらプレーできる回数が増えました。そこは行く前とは違います」と説明した。

 今季から主戦場とする米女子ツアーでは、7戦出場で3度のトップ10入り。メジャー初戦のシェブロン選手権では4位、ロッテ選手権では最後まで優勝争いを演じて2位だった。だが、帰国前のパロス・ベルデス選手権では、今季初の予選落ちを喫した。築き上げた自信が崩された試合にもなった。

「『これでいい』は許されないし、自分を過大評価していました。欲のままゴルフをしていたので、それで帰って来て、整理ができました」

 帰国後は、岡山市の実家で愛犬をたわむれ、SNSで気になっていた抹茶のスイーツ、母が作ったすき焼きを堪能するなどした。そして、練習を重ねた。今大会出場を決めた理由は、分かりやすく説明した。

「日程を考え、いろんな選択肢がある中、これまでのアメリカの結果、体調を考え、この試合に出るのがベストと思いました。全米女子オープンの前、4日間大会で出たいというのもありました。あとは、(日本で)体調と心を休めたいのもありました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集