[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本に帰ってきた渋野日向子、繰り返した「欲との闘い」 その視線の先には全米女子OP

「やっぱり、自分の欲と闘いながら…」

 渋野は既に今季の米女子ツアー後半戦の出場権、来季のシード権はほぼ手中に収めている。全米女子オープンに向けて、米国に残って調整する選択もあった。しかし、1度リフレッシュすることを選択。その上で、6713ヤードとコースの総距離が、今季国内12戦目で最も長い今大会に出場する日程を組んだ。渋野と予選ラウンドを同組で回る稲見萌寧は「長いし、グリーンが小さいから難しい」と話し、「ショートアイアンで2打目が届くホールがない」と嘆く選手もいる程の設定だ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 今大会は、昨年までの愛知・中京GC石野Cから千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦Cに舞台を移し、3日間から4日間大会になった。それも、全米女子オープンを想定する渋野にはメリットがあった。

「今大会も難しいセッティングなので、やっぱり、自分の欲と闘いながら、どれだけやりたいマネジメントをできるかです。まずは4日間、戦うことが大事だと思っています。一打一打、悔いのない攻め方をしたいです」

 9番パー5(560ヤード)では、今季から駆使する直ドラ(第2打以降のドライバーショット)を披露する可能性を示唆した。しかし、渋野はかつての「攻め一辺倒」ではなく、大胆かつ繊細にコース攻略を目指す。全米女子オープンをイメージしながら。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集