[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、122kg巨漢を悠々刺した強肩に米メディア称賛「タッチには十分な時間あった」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は17日(日本時間18日)、本拠地パイレーツ戦に「4番・右翼」で先発。4回1死三塁の守備で、筒香嘉智内野手のフライで本塁を狙った三塁走者をバックホームで刺し、補殺を記録した。背番号27の見せた強肩に米メディアも「ストライク送球」「正確なスロー。タッチするには十分な時間があった」などと称賛した。

カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】
カブスの鈴木誠也【写真:ロイター】

鈴木が強肩を発動、筒香の犠飛を阻止

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は17日(日本時間18日)、本拠地パイレーツ戦に「4番・右翼」で先発。4回1死三塁の守備で、筒香嘉智内野手のフライで本塁を狙った三塁走者をバックホームで刺し、補殺を記録した。背番号27の見せた強肩に米メディアも「ストライク送球」「正確なスロー。タッチするには十分な時間があった」などと称賛した。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本でゴールデングラブ賞を5度受賞した鈴木の肩がシカゴでも炸裂した。カブスが1-0とシードした4回1死三塁、パイレーツの筒香が打ち上げた打球は右翼線へのフライ。決して浅い打球ではなく、三塁走者の122キロ巨漢ボーゲルバックは本塁を狙った。しかし、矢のような送球はワンバウンドで捕手コントレラスのミットへ。補殺が完成し、本拠地のファンはドッと沸いた。

 現地実況席も「セイヤ・スズキがボーゲルバックを狙撃した!」と興奮しながら伝えた日本人ルーキーの強肩。米イリノイ州放送局「NBCスポーツ・シカゴ」は「グッドアームの持ち主であるスズキはコントレラスへストライク送球した」と称賛。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」も「右翼のスズキは正確なスローでボーゲルバックの足を上回った。タッチするには十分な時間があった」と余裕のあるアウトになったことを伝えた。

 鈴木はその裏に2点適時二塁打を放つなど、バットでも貢献。4打数1安打2打点で、7-0の快勝に貢献した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集