[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2週連続予選落ちの西郷真央に戻った笑顔 不調の原因を師匠ジャンボがズバリ指摘

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。18日は、今季4勝も2週連続予選落ちの西郷真央(島津製作所)が会見。師匠の尾崎将司にスイングの修正ポイントを教わり、復調したことを明かした。初の海外試合となる全米女子オープン(6月2~5日)前では最後の出場試合。手応えをつかんで海を渡る決意だ。

西郷真央【写真:Getty Images】
西郷真央【写真:Getty Images】

19日からブリヂストンレディス

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディスが19日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で開幕する。18日は、今季4勝も2週連続予選落ちの西郷真央(島津製作所)が会見。師匠の尾崎将司にスイングの修正ポイントを教わり、復調したことを明かした。初の海外試合となる全米女子オープン(6月2~5日)前では最後の出場試合。手応えをつかんで海を渡る決意だ。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 プロアマ戦を終えた西郷は、清々しい表情をしていた。現在の調子を問われると、「まずまずです。ショットは良くなりました」と即答した。

 今季は出場7戦4勝の後、まさかの2週連続予選落ち。4勝目を飾ったパナソニックオープンレディースの時点でショットの調子が下降し、遂には「自分でもテークバックとトップの位置が違う」と気づくほど、違和感のある状態になっていた。

 そこから救ってくれたのは、師匠の尾崎だった。前週のほけんの窓口レディースで予選落ちし、15日に尾崎宅を訪問。スイングの状態を見た師匠は、トップの位置が変わってしまった原因をズバリと指摘したという。西郷がその時の状況を明かした。

「詳しくは言えないのですが、後ろからスイングを見ていただき、『テークバックがおかしいから、ダウンスイングも思うようにいかない』と言ってくださいました。トップの位置が変わってしまったのも、その原因となることを教えていただきました。そして、『調子が悪くても、まとめられるようにしないといけないぞ』と言ってくださいました」

 今大会のコースは6713ヤードで歴代11位、今季は現段階で最長の長さ。西郷にとっては、全米女子オープン前、最後の出場試合になるが、「コースが思ったより長くて、ティーショットをラフに入れると厳しくなります。そこをまず考えていきたいです」と警戒した。もっとも、今季は海外メジャーで結果を残すことが目標。そのためにも、ショットの復調と手応えをつかむべく、この4日間に全力を尽くす。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集