[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

こんなことってある!? フェンス直撃の打球が…「100万回に1回」の珍二塁打に米興奮

米大リーグで実に珍しい二塁打が生まれた。打球が中堅フェンス最上部の継ぎ目に“挟まる”ハプニングが発生。このシーンをMLBが公式インスタグラムで公開し、話題を呼んでいる。

ツインズのブライアン・ドージャー【写真:Getty Images】
ツインズのブライアン・ドージャー【写真:Getty Images】

ツインズのドージャーの打球がフェンス最上部の継ぎ目に“挟まる”ハプニング

 米大リーグで実に珍しい二塁打が生まれた。打球が中堅フェンス最上部の継ぎ目に“挟まる”ハプニングが発生。このシーンをMLBが公式インスタグラムで公開し、話題を呼んでいる。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

 世にも珍しいツーベースだ。23日(日本時間24日)のツインズ-タイガース戦だった。初回。タイガースに1点を先制された直後のツインズの攻撃。先頭のブライアン・ドージャーがフルマーの96マイル(約154キロ)を捉えた打球は快音を残し中堅方向へ飛んだ。

 大きな当たりはぐんぐん伸び、中堅手のマーティンも背走でボールを追うが、最後はあきらめ見送った。本塁打か――。打球はフェンス最上部に直撃。だが柵は越えてはいない。しかし落ちてもこない。なんとフェンスの継ぎ目に挟まるように、ボールがめり込んだのだ。

 これはどうなんだ!? とばかりにアピールし、ボールを“引っこ抜く”マーティン。ドージャーはすでに三塁を回り、本塁へ向かおうとしていたが、結局、記録はグラウンドルールダブル(日本でのエンタイトルツーベース)となった。

 もし打球がもう少しだけ低く、フェンスからきちんと跳ね返っていたなら、最低でも三塁打は確実だっただけに、ドージャーにとっては痛い、タイガースにとってはラッキーな結果となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集