[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“音量注意”の188キロ二塁打 中継より凄い投稿が米話題「鼓膜に響く」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席に、打球速度116.5マイル(約187.5キロ)の弾丸二塁打で先制点をもたらした。エンゼルス公式SNSは、凄まじい打球音が中継映像以上に伝わるものを投稿。米ファンの間でも「音量注意」「ボールが可哀相」と話題になっている。

初回に先制の二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初回に先制の二塁打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で先発出場。初回の第1打席に、打球速度116.5マイル(約187.5キロ)の弾丸二塁打で先制点をもたらした。エンゼルス公式SNSは、凄まじい打球音が中継映像以上に伝わるものを投稿。米ファンの間でも「音量注意」「ボールが可哀相」と話題になっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 音が違った。初回無死一、三塁で迎えた第1打席。大谷は相手先発グレイが3ボールから投じた4球目を振り切った。凄まじい打球音とともに、ボールはあっという間に中堅フェンスに直撃。適時二塁打で走者を1人還し、チームに先制点をもたらした。

 2戦連発中の大谷の好調さを物語る打球。エンゼルス公式ツイッターは一塁側から背番号17の打席を撮影した動画を公開した。インパクト音がより現地で聞いたものに近く、中継映像以上にはっきりと分かる。米ファンも「私の耳には音楽に聴こえる」「粉砕してるね」「この音よ」「ボールが可哀相」「鼓膜に響く」「音量注意」「なんという音だ」と興奮状態だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集