[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、勝負服で戦った半年ぶりV争い 3打差5位奮闘も「決めきれなくて凄くつらい」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日が15日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われ、2位で出たツアー通算4勝の23歳・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は2バーディー、2ボギーの72で回り、通算8アンダーで3打差の今季最高5位に入った。渡邉彩香(大東建託)が約2年ぶりのツアー通算5勝目。観衆は4942人。

通算8アンダーで3打差の今季最高5位で終えた原英莉花【写真:Getty Images】
通算8アンダーで3打差の今季最高5位で終えた原英莉花【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース最終日が15日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われ、2位で出たツアー通算4勝の23歳・原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)は2バーディー、2ボギーの72で回り、通算8アンダーで3打差の今季最高5位に入った。渡邉彩香(大東建託)が約2年ぶりのツアー通算5勝目。観衆は4942人。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 原が久々の最終日最終組を戦い抜いた。半年ぶりの栄冠へ、強い気持ちで迎えた1番パー5。第1打はいきなり左に曲げた。OBもよぎったが、崖下でなんとかセーフ。フェアウェーにリカバリーし、3オン2パットでナイスパーだった。多くのギャラリーから拍手をもらったものの、以降は我慢の展開。最終18番はバーディーを奪ってみせたが、3打差の5位にとどまった。

「ティーショットがなかなか定まらなくて、ドライバーショットが特に安定しなかったです。苦しい展開で後半は結構チャンスについたんですけど、それを決めきれなかったというのが凄くつらかった。昨日からティーショットが気持ち悪くて、修正して。でも、1番であの球が出たので……」

 もどかしい展開に「自分の気持ちをグッとこらえながら」と奮闘。今季は出場8戦でトップ20に一度も入っておらず、前週は予選落ちしていた。前回優勝した昨年11月以来の上位は復調のきっかけになる。

「そう思いますね。やっぱり、最終日にトップ(第1組)スタートとかが続いていたので、こういう戦える位置でゴルフをするのがプロゴルファーとして楽しい瞬間だと思う。ショーをできるように頑張ります」

 この日は白いシャツにシックなスカートでプレー。ギャラリーのウェブ投票で選ばれる大会恒例のベストドレッサー賞(20万円)を2年連続で受賞した。「ありがとうございます。今日は紺、白の勝負服で来たつもり。ベストドレッサー賞のイメージはしてなかったです」と笑い、あくまで勝ちにこだわっていたことを強調した。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集