[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、リング誌PFP3位に半年ぶり復帰 ドネア撃破で日本人初の1位浮上の可能性も

世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を12日(日本時間13日)までに更新した。7日(同8日)にプロ2敗目を喫したカネロこと世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)は、長く君臨したトップから6位に陥落。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、3位で半年ぶりにトップ3に復帰した。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

権威あるリング誌が最新版格付けランクを発表

 世界で最も権威あるボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、全階級のボクサーを格付けした「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」を12日(日本時間13日)までに更新した。7日(同8日)にプロ2敗目を喫したカネロこと世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(メキシコ)は、長く君臨したトップから6位に陥落。WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)は、3位で半年ぶりにトップ3に復帰した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。カネロはWBA世界ライトヘビー級タイトルマッチで、スーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に0-3の判定負けを喫していた。昨年11月の更新で約2年ぶりにトップ3から陥落していた井上は、4位から3位に浮上した。

 カネロが陥落し、オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)が1位に、テレンス・クロフォード(米国)が2位にそれぞれ1つずつランクアップ。井上は6月7日にさいたまスーパーアリーナで世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体統一戦を予定。上位2人も世界的猛者だが、強敵ドネアへの勝ち方次第では日本人初の1位浮上の可能性もある。

 カネロを下したビボルが8位に入り、10位だったWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔がトップ10から姿を消した。

 リング誌の最新PFPは以下の通り。

1位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
2位 テレンス・クロフォード(米国)
3位 井上尚弥(日本)
4位 エロール・スペンスJr.(米国)
5位 ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
6位 サウル・アルバレス(メキシコ)
7位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
8位 ドミトリー・ビボル(ロシア)
9位 ジョシュ・テイラー(英国)
10位 ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集