[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花「可愛いウェアを組み合わせたい」 復活以外に期待されるベストドレッサー賞V2

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。ツアー通算4勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が取材に応じた。

練習グリーンを通り、笑顔を見せる原英莉花【写真:浜田洋平】
練習グリーンを通り、笑顔を見せる原英莉花【写真:浜田洋平】

ほけんの窓口レディースが13日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。ツアー通算4勝の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が取材に応じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 原は1998年度生まれの黄金世代で、国内メジャー2勝を含む通算4勝の23歳。しかし、今季は出場8戦でトップ20に一度も入っていない。前週は予選落ちを喫した。悩める日々が続く中、「一試合、一試合割り切っています。良いところを探して前向きに考えています。かみ合えばいいスコアが出ると思う」と明かし、こう続けた。

「神様、ありがとうというくらい不安なくゴルフができています。(昨季悩まされた腰痛の)痛みは出ていないです。このコースはグリーンのイメージがつくりやすいですし、悪いイメージがない。楽しみながらいいプレーをしたい。ちょっとでも多くバーディーを決められたら」

 今大会は恒例のベストスマイル賞(30万円)、ベストドレッサー賞(20万円)が設定されており、ギャラリーのウェブ投票で選ばれる。2013年大会から始まり、イ・ボミ(延田グループ)が19年まで5年連続2冠(ベストスマイル賞はV6)を達成。昨年は初日終了後に首痛で棄権したが、1ラウンドでもプレーしていれば投票対象となる。そんな中、西村優菜(スターツ)がベストスマイル賞、原がベストドレッサー賞に初めて輝いた。

 原はこの日、白いシャツに英字が散りばめられたスカート姿でプロアマ戦に出場。髪は高校時代の友だちに5センチほど切ってもらった。2020年から同社が展開するウェアブランド「パーリーゲイツ」および「マスターバニーエディション」のウェア契約を結んでいる。

 ベストドレッサー賞の“連覇”が期待されている。「パーリーゲイツさんから可愛いウェアがいっぱい出ているので、良い感じに組み合わせてプレーできたら」と笑顔を見せつつ、「(受賞は)私じゃなくてパーリーゲイツさんのおかげですから」と恐縮。「ベストスマイル賞は自分次第ですよね」と好スコアで笑顔を咲かせたいところだ。

 ツアー屈指の人気を誇るが、本業のゴルフで結果が必要なのは自身が一番理解している。「頭の中ではボヤーンとしている。でも、それがスッキリしそうなので、待っていてください」と復活を待つファンに向けて決意を口にした。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集