[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の連続奪三振で新たな日本語が飛び出す 地元LA実況席「イワテノタカラ!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。球数が90球を超えた6回は、2者連続三振を演じた。日本語を繰り出し、話題を呼ぶ地元放送席は新たなフレーズ「イワテノタカラ!(岩手の宝!)」を繰り出した。

レイズ戦で6回2安打1失点5奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レイズ戦で6回2安打1失点5奪三振の力投を見せたエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

6回の力投で地元放送局は「イワテノタカラ!」と絶叫

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。球数が90球を超えた6回は、2者連続三振を演じた。日本語を繰り出し、話題を呼ぶ地元放送席は新たなフレーズ「イワテノタカラ!(岩手の宝!)」を繰り出した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 みちのくが生み出した二刀流への想いを込めた。球数100球が見えてくる6回、制球に苦しみながら力投を続けた大谷は1死から崔志萬をカーブで空振り三振に斬ると、続くアロザレーナも再びカーブで見逃し三振。打線の援護がない中で気迫のこもった力投を演じた。

 この瞬間、ロサンゼルス地元放送局の「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席は大興奮。実況のパトリック・オニール氏が「見逃しだ! ショウヘイ・オオタニ、冗談だろう!?」と絶叫すると、これに呼応するように解説のマーク・グビザ氏は「イワテノタカラ!」と日本語を繰り出した。

 これにはオニール氏も大笑い。「ハッハッハッ、スゴイ! 6回投げてわずか1失点です」とまくし立てた。これまで地元放送局は「オオタニサン!」を筆頭に、数々の日本語を繰り出し、そのたびに話題を呼んでいる。この日、また新たなフレーズが誕生した。

 大谷は6回2安打1失点5奪三振の力投。4勝目こそならなかったが、印象深い92球だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集