[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、韓国人主砲もバット止まらなかった宝刀に米称賛「不公平な147kmスプリット」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。序盤は制球に苦しみながら3回のピンチでは相手の韓国人スラッガーを宝刀スプリットで空振り三振に斬った。

レイズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レイズ戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

レイズ戦の3回に崔志萬から空振り三振でピンチ脱出

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。序盤は制球に苦しみながら3回のピンチでは相手の韓国人スラッガーを宝刀スプリットで空振り三振に斬った。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 出したバットを止められなかった。3回、大谷が連続四球で招いた2死一、二塁のピンチ。今季好調の3番・崔志萬に対し、カウント2-2と追い込んで投じたのは宝刀スプリットだ。ストライクゾーンから打者の手元で鋭く降下し、ボールゾーンの低めへ。91マイル(約147キロ)の球速で、バットを出した崔が気付いた時には、もう反応を止められない。ハーフスイングを取られ、空振り三振。ピンチを脱した。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は「ショウヘイ・オオタニの不公平な91マイルのスプリット…そして空振り」とツイート。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア氏も「91マイルのスプリットを投げ込む完璧なタイミングで、この日最初のストライクを奪った」とつぶやいた。

 大谷は序盤すっぽ抜ける球が目立ち、2回にキアマイアーに甘く入ったスプリットをソロ本塁打とされたが、4回までに与えたヒットはこの1本のみ。力投を続けている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集