[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

やり投げ北口榛花が63m93でV 世陸女王&五輪銅の強豪撃破「ハイレベルだからこそできた」

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子やり投げは24歳・北口榛花(JAL)が63メートル93で優勝した。7月のオレゴン世界陸上の参加標準記録は64メートル00。突破はできなかったが、2019年世界陸上女王&昨年東京五輪銅メダルのケルシー・バーバー(豪州)らを抑えて勝ち切った。東京五輪代表のリナ・ムゼ(ラトビア)が61メートル68で2位、バーバーは61メートル00をマークして3位だった。

セイコーゴールデングランプリ、女子やり投げで優勝し喜ぶ北口榛花【写真:奥井隆史】
セイコーゴールデングランプリ、女子やり投げで優勝し喜ぶ北口榛花【写真:奥井隆史】

陸上・セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子やり投げは24歳・北口榛花(JAL)が63メートル93で優勝した。7月のオレゴン世界陸上の参加標準記録は64メートル00。突破はできなかったが、2019年世界陸上女王&昨年東京五輪銅メダルのケルシー・バーバー(豪州)らを抑えて勝ち切った。東京五輪代表のリナ・ムゼ(ラトビア)が61メートル68で2位、バーバーは61メートル00をマークして3位だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 66メートル00の日本記録を持つ北口がスタンドを沸かせた。1投目に63メートル93をマーク。60メートルラインを軽々と越え、ファンがどよめいた。両手を挙げて小刻みにジャンプをしながら感情を表現。2投目は59メートル51、3投目は60メートル82だった。5投目も62メートル96、6投目も60メートル91と60メートル超えを連発。昨年2度目の日本選手権を制した女王が力を発揮した。

「今日、久しぶりに日本のGGPに海外選手が来てくださった。バーバー選手は銅メダルですし、ムゼ選手は私が高校時代にフィンランドで一緒に練習した間柄。シニアで戦えて楽しみでしたし、嬉しいです。ハイレベルだからこそ、1本目から64メートルを投げるつもりになってできた」

 やり投げ王国のチェコ人コーチに師事し、2019年10月に66メートル00で日本記録を更新。リオ五輪銀メダル相当の好記録だった。19年ドーハ世界陸上は予選60メートル84で13位。6センチ差で決勝に進めなかった。昨夏の東京五輪は決勝に進んだが、左腹斜筋の肉離れで12位。今月1日の木南記念は61メートル20で優勝した。

 今大会はコーチも来日し、直接指導を受けている。木南記念から体が突っ込んでしまう癖や右足の使い方などを修正。「投てき以外の練習でも常にそこを意識し続けてきた」と明かした。有観客の国立を経験し「たくさんの方が来てくださって、手拍子を求めたら凄く大きな音が響いた。楽しかったし、応援されている気持ちが大きくなりました。これを機にやり投げを見てくださる人が増えていってほしい」と願った。

 次戦は東日本実業団にエントリーしているが、「今日の結果を踏まえて休ませてほしいけど……そうはいかなそう」と明るく苦笑い。「6月の日本選手権までに64メートルを超えたい。遠くに投げようと思ってカーブしたものもある。心のコントロールをしながら技術に影響を与えないようにしたい」と課題も見つめ直した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集