[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥との4団体統一戦をWBO新王者バトラー歓迎「井上―ドネア戦の勝者が求めるなら」

ボクシングのWBOからバンタム級世界王座を剥奪されたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。これにより暫定王座から正規王座に昇格したポール・バトラー(英国)は、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)とノニト・ドネア(フィリピン)の勝者と4団体統一戦に挑む意向を示した。米格闘専門メディア「ファイトスポーツ」が報じた。

WBAスーパー&IBF王者の井上尚弥【写真:編集部】
WBAスーパー&IBF王者の井上尚弥【写真:編集部】

カシメロ剥奪でWBO王者となったバトラー、井上尚弥―ドネアの勝者と対戦の意向

 ボクシングのWBOからバンタム級世界王座を剥奪されたジョンリエル・カシメロ(フィリピン)。これにより暫定王座から正規王座に昇格したポール・バトラー(英国)は、6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われるWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)とノニト・ドネア(フィリピン)の勝者と4団体統一戦に挑む意向を示した。米格闘専門メディア「ファイトスポーツ」が報じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 5月22日に英リバプールでカシメロとの防衛戦を予定していたバトラーは、カシメロが英ボクシング管理委員会(BBBoC)の規定違反により試合は中止に。代替開催された暫定王座決定戦で、バトラーが同級4位ジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ち。カシメロの王座剥奪に伴い、バトラーが正規王者に昇格していた。

 記事では「バトラーは将来チャンスが与えられるなら、ナオヤ・イノウエとノニト・ドネアの勝者との戦いを望んでいる」と報じた。

 新王者は「あの試合(井上―ドネア戦)の勝者が階級を統一しようと求めるなら、それは自分の進む道だ。彼らが願わないのなら、9月か10月に防衛戦をしなければいけない」と語り、3団体統一戦の勝者との対戦を歓迎したという。

 そして、モンスターに対しては「彼ら(井上陣営)はこの階級を統一したいと思うだろう。イノウエは昇級に対する野望があることを知っているが、その前にバンタム統一を願うと確信している」と待ち望んだ。

 バトラーには、2人と同じ舞台で戦った経験がある。

「彼らには会ったことはない。同じカードで戦ったことはある。イノウエがロドリゲスと戦い、ドネアがバーネットと対戦した時だ。でも、彼らがいずれレジェンドの座にたどり着くとしても、記念写真をお願いするようなタイプでは僕はない。どちらかとリングで拳を交えることができれば、名誉なんだよ」

 井上優勝で幕を閉じたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級、グラスゴーで2019年に行われた準決勝でドネア、井上それぞれの試合でも前座で戦っていたバトラー。階級を牽引する井上とドネアに英国紳士らしく敬意を払っていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集