[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃の最低20番人気馬V 失神しかけた調教師も鞍上絶賛「今までに見た最高の騎乗だ」

米競馬のクラシック3冠初戦、第148回ケンタッキーダービー(ダート2000メートル)が7日(日本時間8日)、ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われ、現地では単勝最低20番人気だったリッチストライク(牡3)が優勝した。大外21番枠から直線で内を突いて抜け出したレオン騎手の“神騎乗”も光ったが、管理する調教師はゴールの瞬間に膝から崩れ落ち、「今まで私が見た中で最高の騎乗だ」と鞍上を絶賛したという。

バラを投げて祝福するソニー・リオン騎手とリッチストライク【写真:ロイター】
バラを投げて祝福するソニー・リオン騎手とリッチストライク【写真:ロイター】

超伏兵リッチストライク&鞍上レオンに調教師「気を失いそうになった」

 米競馬のクラシック3冠初戦、第148回ケンタッキーダービー(ダート2000メートル)が7日(日本時間8日)、ケンタッキー州のチャーチルダウンズ競馬場で行われ、現地では単勝最低20番人気だったリッチストライク(牡3)が優勝した。大外21番枠から直線で内を突いて抜け出したレオン騎手の“神騎乗”も光ったが、管理する調教師はゴールの瞬間に膝から崩れ落ち、「今まで私が見た中で最高の騎乗だ」と鞍上を絶賛したという。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 愛馬の大激走に調教師も昇天した。繰り上がりで出走権が回ってきたシンガリ20番人気のリッチストライク。大外21番枠で発走直後にすぐさま内に潜り込むと、1コーナー19番手からじわじわと進出。最後の直線もエピセンターとゼンダンの人気両頭が叩き合うのを尻目に、内からぐんぐん伸びると、ラスト100メートルで捉えて押し切った。場内が騒然とする中、鞍上のレオン騎手は会心のガッツポーズを繰り出した。

 ケンタッキーダービー公式ツイッターは「最高の番狂わせ。ケンタッキーダービーを見よ」と報じ、レース映像を公開。競馬ファンからは好騎乗を称える声が上がった。UAEの英字新聞「カレージ・タイムズ」によると、エリック・リード調教師は「どのような言葉で言い表せばいいのか……。気を失いそうになった。超ハッピーだった」と胸中を語った上で「ソニー・レオン。彼は私が今まで見てきた中で最高の騎乗を見せてくれた」と愛馬を大激走に導いた鞍上を絶賛したという。

 また、米競馬専門誌「ブラッドホース」は「衝撃を受けたのは観客だけでない。調教師のエリック・リード師もレース直後、興奮しながら膝から崩れ落ちた。自分の馬が1位でゴールするのを見ながら地面に倒れ込んだ」とゴール直後のリード師の様子をレポート。「こんなのが信じられるか?」と周囲の関係者に話し、さらに「これは競馬。誰にでも勝てるチャンスはある。オッズ表示板はなんの意味もない」などとコメントしたと伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集