[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「連戦で膝が凄く悪くて…」 痛みを乗り越えた21歳・壹岐あいこ、初出場で200m6位

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子200メートルで大会初出場の壹岐あいこ(立命大4年)は23秒95(向かい風0.1メートル)で6位だった。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳。同種目で米国代表のリンナ・アービーが23秒09で優勝した。

セイコーゴールデングランプリ、女子200メートルで6位となった壹岐あいこ【写真:奥井隆史】
セイコーゴールデングランプリ、女子200メートルで6位となった壹岐あいこ【写真:奥井隆史】

陸上・セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、女子200メートルで大会初出場の壹岐あいこ(立命大4年)は23秒95(向かい風0.1メートル)で6位だった。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳。同種目で米国代表のリンナ・アービーが23秒09で優勝した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 国際大会でくらいついた。壹岐は大外9レーン。ストレートに入る前に内側の選手たちに先行されたが、粘りを見せて日本人3番手の6位でフィニッシュした。アービーら上位3選手は海外勢。壹岐は息を切らしながら国立で走れた喜びを明かした。

「この会場で走れるのはやっぱり大きい。ゴールデングランプリという限られた人しか出られない大会。会場にいるだけで緊張しました。(バックスタンドから生観戦した)東京五輪とは違って、中に入って実際に走るとなると、凄くドキドキしましたし、ワクワクしました。選手紹介でも凄く多くの人が応援して、拍手もしてくれたので凄く力になりました」

 2020年は関西インカレ200メートルで優勝し、100メートルでは日本インカレ2位に入った実績を持つ。昨年6月の日本選手権100メートルで2位に入り、200メートルは4位だった。しかし、昨夏から右膝痛を抱えている。冬場は接地の強さを意識したり、筋力アップを重点的にしたりしてきた。

 昨年優勝した今月1日の静岡国際で自己ベスト23秒62をマーク。「静岡は環境条件がよかった。その中で23秒6台は自信をもってもいい。秋シーズンとか、日本選手権でも出せれば本物かなと思います」と成長を実感した。曇りや気圧が低い日は右膝の痛みが増す。この日も「連戦で膝が凄く悪くて……。疲れすぎてダメかもしれないと思っていた」と不安があったが、コーチの助言で負担を掛けない走りを貫き、「今日は痛みなく走り切りました」と乗り越えた。

 7月にはオレゴン世界陸上が控える。6月の日本選手権は選考会だ。目標については「やっぱり日本選手権で優勝と言いたいけど……」とテーピングを巻いた右膝を気にしつつ、「優勝できるように1か月でもっていく。去年より絶対にいいパフォーマンスをして、世界選手権のリレーメンバーに食い込めるように、最低3位入賞はしたい」と誓った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集