[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世陸王者コールマン、10秒09で貫録の100mV 10秒22で2着の小池祐貴「大変貴重な経験」

陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、男子100メートルは2019年世界陸上王者クリスチャン・コールマン(米国)が10秒09(追い風0.1メートル)で優勝した。日本初レースで小池祐貴(住友電工)らと激突。世界歴代6位タイの自己ベスト9秒76を持つ26歳が国立競技場を疾走した。

セイコーゴールデングランプリ、男子100メートルで優勝したクリスチャン・コールマン【写真:奥井隆史】
セイコーゴールデングランプリ、男子100メートルで優勝したクリスチャン・コールマン【写真:奥井隆史】

陸上・セイコーGGP

 陸上のセイコーゴールデングランプリ(GGP)が8日、東京・国立競技場にて有観客で行われ、男子100メートルは2019年世界陸上王者クリスチャン・コールマン(米国)が10秒09(追い風0.1メートル)で優勝した。日本初レースで小池祐貴(住友電工)らと激突。世界歴代6位タイの自己ベスト9秒76を持つ26歳が国立競技場を疾走した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 コールマンは予選10秒13の全体1着、小池は10秒29(ともに向かい風0.3メートル)の全体3着だった。東京五輪400メートルリレーメンバーのデーデー・ブルーノ(セイコー)は10秒45(向かい風0.4メートル)の組8着で予選敗退。多田修平(住友銀行)は左ハムストリングの違和感により、レース直前に棄権した。桐生祥秀(日本生命)も右ハムストリング故障の影響で欠場している。

 コールマンはドーピング検査違反で20、21年は出場停止になり、東京五輪を走ることはなかった。今年4月22日に200メートルで19秒92(追い風0.5メートル)をマーク。今大会は自己ベストを出した19年ドーハ世界陸上以来の100メートルだった。

 今季は7月にオレゴン世界陸上が開催される。世界陸上の参加標準記録は10秒05に設定され、日本勢は6月9日開幕の日本選手権(大阪)で代表権を争う。

 10秒22で2着に入った小池は、世界王者コールマンと走ったレースについて、テレビインタビューで「大変貴重な経験。学びも得られるし、映像を見て糧にしたい」と振り返った。「タイムはちょっと残念だけど、走りの感覚は悪くない」と語り、「しっかりとギアを上げて世界選手権ファイナル(決勝)を目指せるように頑張りたい」と視線を上げた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集