[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上1万mで飛び抜けた廣中璃梨佳の強さ 最終400m、底力に隠された「五輪7位の経験」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われた。21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分30秒25で2連覇し、31分58秒97で3位だった24歳の五島莉乃(資生堂)とともに世界陸上代表に内定。1か月前に貧血による体調不良に陥ったが、東京五輪代表の強さを見せた。貫録すら漂わせた底力には、再び世界の猛者と戦いたいという想いが詰まっていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

レース直前、集中した表情を見せた廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】
レース直前、集中した表情を見せた廣中璃梨佳【写真:奥井隆史】

オレゴン世界陸上代表権を懸けた日本選手権1万m

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われた。21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が31分30秒25で2連覇し、31分58秒97で3位だった24歳の五島莉乃(資生堂)とともに世界陸上代表に内定。1か月前に貧血による体調不良に陥ったが、東京五輪代表の強さを見せた。貫録すら漂わせた底力には、再び世界の猛者と戦いたいという想いが詰まっていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 一度、五輪で日の丸を背負った廣中は強かった。トレードマークのピンクの帽子を被り、号砲から先頭に出た五島にピタリ。他の様子をうかがいながら5人の先頭集団に入った。自身の代表内定条件は3位以内に入ること。距離を重ねるにつれ、一人、また一人とライバルが減っていく。7000メートル付近で給水。ペースを上げて前に出た。

 ついていけたのは、5000メートルで東京五輪を経験した萩谷楓だけ。一騎打ちとなり、廣中は残り6周で帽子を放り投げた。「ここで確実に決めたい」。スパートの合図だ。場内は大きく沸く。一時は萩谷に先頭を譲ったが、ラスト400メートルで再び仕掛けた。どよめきの中、見せつけた地力の差。堂々と両手を挙げてフィニッシュした。

「確実に3位を狙いたくて、前半は余裕を持って後半に繋げたいという想いで走りました。優勝よりも確実に世界選手権を決めたいという位置づけ。ラスト2人になった時、持ち味を生かしてラスト勝負にしたいと思っていた。プレッシャーや気負いは全くなかったです。パリ五輪に向けてのステップとして、どこまで目標に近づけるかという状態でした」

 飛び抜けた強さを見せた一方、1か月前は出場すら危ぶまれた。貧血による体調不良。「このレースに立てるのかと思っていました。難しい状態だった」。5000メートルを予定していた4月29日の織田記念国際を欠場。「悔しさがあった」。それでも、「世界で戦いたい」と堪えた。

「監督も『一緒に戦おう』と言ってくれた。それが心強かったです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集