[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

号泣しても報道陣に気遣い 内定逃した陸上・小林成美「すみません、夜遅くまで…」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇。31分58秒97で3位となった五島莉乃とともに世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。廣中、五島とともに突破済みだった小林成美は、33分35秒89でまさかの16人中15位に終わり、代表内定はならなかった。

女子1万メートル、まさかの16人中15位に終わった小林成美【写真:奥井隆史】
女子1万メートル、まさかの16人中15位に終わった小林成美【写真:奥井隆史】

オレゴン世界陸上代表権を懸けた日本選手権1万m

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇。31分58秒97で3位となった五島莉乃とともに世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。廣中、五島とともに突破済みだった小林成美は、33分35秒89でまさかの16人中15位に終わり、代表内定はならなかった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 小林は体に重さを感じていた。号砲から五島が先頭に出ると、すぐ後ろに廣中がつく展開。1000メートルを3分7秒33で参加標準ペースを上回り、集団は徐々に縦長に伸びていった。五島、廣中、矢田みくに、佐藤早也伽、萩谷楓ら先頭集団は5人となり、小林は大きく遅れた2番手集団に。中盤に2番手集団からも脱落し、最後は周回遅れにされた。自己ベスト31分22秒34にはほど遠かった。

 レース後は号泣。インタビューボードの裏で他の選手に肩を抱かれながら、声を上げて泣いた。着替えた後に落ち着いて取材対応。フィニッシュから20分が経った午後20時36分、第一声に「すみません、今日は夜遅くまで……」と報道陣を気遣う言葉を並べた。

「プレッシャーもあったけど、調子をうまく合わせられず、今週はずっと体が重かった。どうしよう、どうしようと思っていたけど、深く考えるとよくないので前向きにいました。いろんな方に支えられて、恵まれた環境にいたのにチャンスを掴めず悔しく思います」

 全日本大学女子駅伝5連覇中の名城大で主将を務める4年生。2月の日本選手権クロスカントリーで優勝し、4月の日本学生個人選手権1万メートルを33分21秒48で制した。この日のレース前は笑顔で手を振り、ポジティブでいるように努めた。しかし、コンディションはどうすることもできず「2000メートルくらいからきつくていつもの動きじゃないと感じました」と吐露。精神面の重圧が影響したのかという問いにこう答えた。

「それもあるのかなと思います。ここに懸けていた。コロナ禍でこれまで何回も(海外への)派遣中止や延期が重なった。まだ海外に行く資格がないと思って頑張りたい。プレッシャーに打ち勝つメンタル作りが必要。この経験を生かしたい」

 涙を拭った22歳は、全ての質問に答え「ありがとうございました」と一礼。しっかり前を向いて成長を誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集