[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世陸内定の廣中璃梨佳、1か月前の貧血を告白「ここに立てるのか…難しい状態だった」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇し、世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。出場選手の中では廣中、五島莉乃、小林成美の3人がすでに参加標準記録を突破していた。五島も3位に入り、内定した。

女子1万メートル、世界陸上の代表に内定した廣中璃梨佳はゴール後に両手を挙げた【写真:奥井隆史】
女子1万メートル、世界陸上の代表に内定した廣中璃梨佳はゴール後に両手を挙げた【写真:奥井隆史】

オレゴン世界陸上代表権を懸けた日本選手権1万m

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇し、世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。出場選手の中では廣中、五島莉乃、小林成美の3人がすでに参加標準記録を突破していた。五島も3位に入り、内定した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 号砲から五島が先頭に出ると、すぐ後ろに廣中がつくスタートとなった。1000メートルを3分7秒33で通過。参加標準ペースを上回り、集団は徐々に縦長に伸びていった。五島、廣中、矢田みくに、佐藤早也伽、萩谷楓ら先頭集団は5人となり、小林は大きく遅れた2番手集団に。五島を先頭に、廣中、矢田、萩谷の先頭集団は6000メートルを19秒2秒88で通過したが、参加標準から遅れるペースだった。

 7000メートル付近で給水した廣中が先頭へ。ペースを上げると、萩谷だけがついていった。廣中は残り6周となったところでトレードマークのピンク色の帽子を放り投げる。場内は歓声が上がった。8000メートルを過ぎ、参加標準突破が必要な萩谷が廣中の前へ。初めて先頭に出た。最後は一騎打ちとなり、ラスト1周で廣中が仕掛けた。どよめきの中、地力を見せて差を広げる。今季初戦で強さを見せつけてフィニッシュした。

 東京五輪代表として貫録の走りを見せた21歳は、レース後に晴れやかな表情で取材対応。「優勝したいというより、世界選手権を決めたいという位置づけ。持ち味を生かしてラスト勝負にしたかった」と振り返った。

「五輪同様に自分らしい走りをしたかった。プレッシャーや気負いは全くなかったです。パリ五輪に向けてのステップとして、どこまで目標に近づけるかという状態だった」

 4月は貧血による体調不良に。「このレースに立てるのかと思っていました。難しい状態だった」と不安を抱えていた。5000メートルを予定していた4月29日の織田記念国際を欠場。「悔しさがあった」と唇を噛んだが、「世界で戦いたい」この日だけに照準。鉄分などを意識した食事療法でV字回復し、「ここ2週間で最終調整しました。体調が悪い中でも一日、一日ここに向けてやってきた」と乗り越えた。

 廣中は東京五輪で自己ベスト31分00秒71をマークし、7位入賞。5000メートルは14分52秒84で9位だったが、05年福士加代子の日本記録14分53秒22を16年ぶりに更新していた。再び立つ世界のトラック。「またあの舞台に戻りたい、あの選手たちと走りたいと思って頑張ってきた。私も強い選手だと思われながら走れるようになりたい」。5000メートルでも代表内定を視野に入れながら、もう一度世界の猛者たちに挑む。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集