[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重圧を乗り越えた涙の世陸切符 五島莉乃が1万m内定「初めての気持ち。苦しかった」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇し、世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。出場選手の中では廣中、五島莉乃、小林成美の3人がすでに参加標準記録を突破していた。五島も31分58秒97で3位に入り、内定した。萩谷楓は2位だったが、31分35秒67で参加標準記録を切れなかった。

女子1万メートル、世界陸上内定を決めた五島莉乃はレース後に涙を拭った【写真:奥井隆史】
女子1万メートル、世界陸上内定を決めた五島莉乃はレース後に涙を拭った【写真:奥井隆史】

オレゴン世界陸上代表権を懸けた日本選手権1万m

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた日本選手権女子1万メートルが7日、東京・国立競技場で行われ、21歳の廣中璃梨佳が31分30秒25で2連覇し、世界陸上の代表に内定した。参加標準記録31分25秒00を突破し、今大会3位以内に入った選手が代表内定。出場選手の中では廣中、五島莉乃、小林成美の3人がすでに参加標準記録を突破していた。五島も31分58秒97で3位に入り、内定した。萩谷楓は2位だったが、31分35秒67で参加標準記録を切れなかった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 号砲から五島が先頭に出ると、すぐ後ろに廣中がつくスタートとなった。1000メートルを3分7秒33で通過。参加標準ペースを上回り、集団は徐々に縦長に伸びていった。五島、廣中、矢田みくに、佐藤早也伽、萩谷ら先頭集団は5人となり、小林は大きく遅れた2番手集団に。五島を先頭に、廣中、矢田、萩谷の先頭集団は6000メートルを19秒2秒88で通過したが、参加標準から遅れるペースだった。

 7000メートル付近で給水した廣中が先頭へ。ペースを上げると、萩谷だけがついていった。五島は矢田との3位争い。徐々に差を広げ、念願の世陸切符を手にすると涙が溢れた。

「自分らしさを生かして積極的に前に出るレースができたのはよかったです。走るからには優勝したいと思っていました。廣中さん、萩谷さんはラストスパートのある人。ずっと引っ張ると最後に差されてしまうとい考えていました。それでも、『自分で積極的に』と思っていました。6000~7000メートルで誰かが仕掛けると思っていたけど、正直自分の走りが続かなかったです」

 24歳の五島は昨年12月の記録会を31分10秒02で走り、参加標準を突破。今年1月の全国都道府県駅伝は1区区間賞に輝いた、2月の全日本実業団ハーフマラソンでは日本歴代5位の1時間8分03秒を記録。着実に力をつけてきていた。この日のレース前は胸に手を当て、緊張した面持ち。それでも、スタートラインに立つ時には両手で手を振って笑顔をつくった。

「今日を迎えるまで不安、緊張があって自分には初めての気持ちを経験した。苦しいところがあったけど、チーム、家族、応援してくれる方々がたくさんいて、期待に応えたいと思っていました」

 苦しい時期、周囲への感謝を述べると、再び涙を流した。「こういう経験をしてから世界で戦うという経験をしたことがなかった。切符を掴むことができてよかったです。この気持ちを世界で戦う時にどうコントロールするか考えたい。結果を見ると、前の2人(廣中、萩谷)とはタイムがほど遠い。世界と戦うために努力しないといけない」。夏の世界陸上を捉えた視線は、しっかりと前を向いていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集