[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米アマ球界に現れた170キロ右腕、剛球だけじゃない「エグいスライダー」に米識者は脚光

4月30日(日本時間5月1日)に行われた米大学野球の試合で、テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、オーバーン大を相手に衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。米国では快速球が大きな話題となったが、今季の防御率0.86、21回で38奪三振という成績を支える“もう一つの武器”に米投球分析家が注目している。

テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】

テネシー大のベン・ジョイスが衝撃の170キロ

 4月30日(日本時間5月1日)に行われた米大学野球の試合で、テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、オーバーン大を相手に衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。米国では快速球が大きな話題となったが、今季の防御率0.86、21回で38奪三振という成績を支える“もう一つの武器”に米投球分析家が注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 衝撃的な170キロで、大きな話題となったベン・ジョイス。今季はこの試合まで21イニングを投げて防御率0.86、38奪三振と圧巻の成績だ。2010年、レッズ時代のアロルディス・チャップマンが投じた米大リーグ最速の105.8マイル(約170.3キロ)に次ぐという剛速球が目を引くが、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、ジョイスのスライダーに注目した。

 自身のツイッターに、ジョイスが投じた直球とスライダーを同時に再生した映像を公開。「膝が曲がるほどのスライダーと比べて、直球がいかに速いかが良く分かる」と、球速差とともにそのキレにも文面で言及していた。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」にテネシー大のスポーツに関することを寄稿するウェズ・ルッカー記者は、同僚の外野手ジョーダン・ベックの証言をツイッターで紹介。「彼は104マイル以上のストレート、そして4フィート(約1.2メートル)の落差がある90マイル(約144.8キロ)のチェンジアップとエグいスライダーを投げる」と、直球だけでなく変化球も優れていると語っていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集