[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、シーズン22発ペース “ゴジラ&城島超え”の日本人1年目最多も?

大谷翔平、シーズン22発ペース “ゴジラ&城島超え”の日本人1年目最多も?

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に「5番・DH」で先発出場。0-7とリードされた9回に打者出場4試合ぶりとなる6号ソロを放った。MLBが動画付きで公開し、一矢報いた意地の本塁打に「オオタニ、漢だ!」「どんな状況でもビーストだ」「エンゼルスは、彼に頭を下げろ!」と米ファンは最敬礼しているが、この量産ぶりなら日本人のメジャー1年目最多となる年間22本ペースとなる。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

シーズン44試合で6本塁打、松井16本&城島17本を超える偉業の可能性も…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地レイズ戦に「5番・DH」で先発出場。0-7とリードされた9回に打者出場4試合ぶりとなる6号ソロを放った。MLBが動画付きで公開し、一矢報いた意地の本塁打に「オオタニ、漢だ!」「どんな状況でもビーストだ」「エンゼルスは、彼に頭を下げろ!」と米ファンは最敬礼しているが、この量産ぶりなら日本人のメジャー1年目最多となる年間22本ペースとなる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 二刀流の怪物が、もう6本目のアーチを描いた。

 0-7とリードされて迎えた9回1死無走者の場面だ。右腕プルイットに対し、1-1からの3球目、真ん中に入ってきた速球を見逃さなかった。強振し、真芯でとらえた打球はあっという間にセンター後方へ。背走した中堅手がフェンスによじ登ったが、さらにその上を行く特大の125メートル弾となった。

 試合は敗色濃厚だったが、最後に描かれたアーチに本拠地も大盛り上がり。実況もおなじみの「オオタニサ~ン」のフレーズで興奮気味に伝えた。MLB、FOXスポーツウェストなどが公式ツイッターに動画付きで速報し、瞬く間に反響が広がった。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー