[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、シーズン22発ペース “ゴジラ&城島超え”の日本人1年目最多も?

13.5打数で1本塁打、22発は日本ハム時代と並ぶ自己最多

【特集】日本人初のアジア女王が魅せられた、ボウリングが持つ奥深さと駆け引きの妙 / ボウリング・石本美来インタビュー(GROWINGへ)

 大谷にとって出場4試合ぶりで放った6号アーチ。この量産ぶりなら、日本メジャー1年目の歴代最多記録更新もあり得る。シーズン44試合を消化し、6本塁打。7.3試合で1本のペースで放っている。単純に162試合に換算すれば、22本となる計算だ。これはマリナーズ・城島健司(18本)、ヤンキース・松井秀喜(16本)ら日本人野手のルーキーイヤーを超え、歴代1位となる。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 22本は2016年に日本ハムで記録した自身のシーズン最多と同じ本数でもある。何よりも特筆すべきは、二刀流で出場機会が限られながら、偉大な先人の記録を上回るペースであること。44試合のうち、野手として出場したのは23試合のみ。13.5打数で1本塁打となっている。投手としての調整、登板を続けながら結果を出しているから、なお価値は高い。

 もちろん、まだシーズンは4分の1を過ぎたあたりで、今後さらに研究されることは必至。なおかつ、故障のリスク、好不調の波も当然あり、起用法の変更の可能性もある。それでも、この男なら――。日本人メジャーの歴史を塗りかえる活躍を予感させる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集