[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本生まれのディープインパクト産駒が本場のダービーで大本命、英メディアも注目

日本生まれのディープインパクト産駒が本場のダービーで大本命、英メディアも注目

競馬の本場、イギリスダービーが6月2日に行われる。父に日本競馬史上屈指の名馬、ディープインパクトを持つ日本産馬、サクソンウォリアーがブックメーカー各社で1番人気に支持されている。

注目が集まる日本生まれのディープインパクトが話題に【写真:Getty Images】
注目が集まる日本生まれのディープインパクトが話題に【写真:Getty Images】

父にディープインパクトを持つ日本産馬サクソンウォリアーに現地メディアも注目

 競馬の本場、イギリスダービーが6月2日に行われる。父に日本競馬史上屈指の名馬、ディープインパクトを持つ日本産馬、サクソンウォリアーがブックメーカー各社で1番人気に支持されている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 同馬は2歳時にデビューから3連勝を飾り、その時点でダービーの本命に推されいた。今季初戦だった3冠第1戦のイギリス2000ギニーを制し4戦4勝。日本産馬が英国のクラシックレースを制すのは史上初の快挙だった。

 レースぶりも豪快そのものだ。日本の皐月賞にあたる英2000ギニー(直線1600メートル)では出遅れながらも、残り400メートルで先頭に立ち、そのまま押し切った。距離が延びて、さらに強さを発揮できると見られており、2400メートルの英ダービーでは本命視されている。

 現地メディアも注目している。英紙「ガーディアン」は「オブライエンはサクソンウォリアーが1970年のニジンスキー以来となる初のトリプルクラウンの勝者になれると考えている」と紹介。同馬を管理する名伯楽、エイダン・オブライエン調教師が、伝説の名馬ニジンスキー以来、48年ぶりの3冠達成の可能性を感じているという。

「そのためにはダービーとセント・レジャーに勝利する必要があり、後者のレースはあまり商業的ではないが『良いビジネスと言うよりはロマンチックなものと言える』と語った」

 こう伝えている。名調教師は早くも先を見据えているようだ。

 勝てば歴史的な快挙となる一戦は2週間後。日本からも、かつてないほどの注目が注がれることになりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー