[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太は知っている 「それが結構怖い」と警戒するゴロフキン戦特有の“落とし穴”

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、4月9日に控えるIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。3分×2ラウンドのスパーリングなどで約1時間半調整。待望のビッグマッチへ、「試合前の満足感」に警戒感を示した。

公開練習でサンドバックを打つ村田諒太【写真:浜田洋平】
公開練習でサンドバックを打つ村田諒太【写真:浜田洋平】

村田諒太がスパー公開

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が28日、4月9日に控えるIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)に向け、都内の帝拳ジムで練習を公開した。3分×2ラウンドのスパーリングなどで約1時間半調整。待望のビッグマッチへ、「試合前の満足感」に警戒感を示した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 類まれな思考をフル回転させて備える。決戦まで12日。今、何を思うのか。村田は率直な胸の内を明かした。

「なかなか経験しない心境ですよね。もちろん恐怖心もちょっとあるんですけど、2年も延期、延期と繰り返されると、延期が一番怖いんですよね。頼むから延期にならないように、自分自身が凄く気をつけている。試合できないことを考えたら、試合ができる恐怖が少し和らぐ。そういった経験は今までない」

 最後の試合は2019年12月の初防衛戦。コロナ禍により、試合が決まりかけては流れるのを繰り返した。ゴロフキン戦も昨年末からオミクロン株の余波で3か月半の延期。過去の試合は「『試合が終わったら解放される』という救いが常にあった」と決して動くことのないリングを目標に苦しみを乗り越えたが、今回は別の不安を抱える難しさがある。

 元3団体統一王者のゴロフキンは、ミドル級最多通算21度の防衛成功を誇る歴史的選手。村田がかねてから対戦を望み続けてきた最強ボクサーだ。日本ボクシング史上最大級のビッグマッチ。試合が実現するだけでも称えられる興行だ。しかし、村田はそこに落とし穴があることを知っている。

「ボクサーでよくあるのは『この試合が最後』『もうここまで来た』と思った時、リングに上がる前に満足感を得て燃え尽きてしまうこと。それが結構あるらしいですね。それによってリングで実力を発揮できないとか、集中が切れてしまうこととかがある。それが結構怖い。僕の中で一番嫌なパターン。そうならないように、メンタルを持っていかなきゃいけない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集