[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、ずっと表彰台で「見下ろされた男」に仏紙脚光「2019年は巨大なスランプに」

フィギュアスケートの世界選手権男子フリー(FS)が26日、フランス・モンペリエで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.85点、合計312.48点で初優勝を飾った。フランス地元紙は「表彰台で見下ろされてきた男が初のビッグタイトルを掴んだ」などと報道。24歳の悲願に注目した。

世界選手権で初優勝を飾った宇野昌磨【写真:AP】 
世界選手権で初優勝を飾った宇野昌磨【写真:AP】 

宇野昌磨の世界選手権Vに「レキップ」も注目

 フィギュアスケートの世界選手権男子フリー(FS)が26日、フランス・モンペリエで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.85点、合計312.48点で初優勝を飾った。フランス地元紙は「表彰台で見下ろされてきた男が初のビッグタイトルを掴んだ」などと報道。24歳の悲願に注目した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 フランス紙「レキップ」は宇野の記事を掲載。「彼は何年も表彰台の上で頂点を見上げてきた。過去の五輪で2度のメダリスト、世界選手権2度準優勝のショウマ・ウノが初のビッグタイトルを勝ち取るチャンスを物にした」と紹介した。

 世界選手権、グランプリ(GP)ファイナルはともに2度の2位で「シルバーコレクター」と称されたこともあった。自己ベストとなる世界歴代3位の310.48点で優勝。記事では、平昌五輪銀メダル後の苦しみにも触れた。

「2019年にウノは巨大なスランプに陥った。2006年五輪準優勝のステファン・ランビエールとともに、彼はスイスで自らを再建した。昨日、ボレロは完璧である必要はなかった。だが、5本の4回転ジャンプに颯爽と挑戦したのだ」

 高難度のプログラムをやり遂げ、指導を受けるランビエールコーチとともにたどり着いた栄光。キス・アンド・クライでは同コーチから熱烈なハグを受けた。北京五輪は銅メダルを獲得。師弟関係も脚光を浴び、苦難を乗り越えた日本のスケーターがフランスにも発信された。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集