[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、困った年下選手を救う“優男ぶり”に広がる称賛「さりげない気遣いも魅力」

フィギュアスケートの世界選手権(フランス)は、24歳の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計312.48点で男子シングル初優勝を飾った。26日のフリー(FS)後に行われた会見。親切な行動が海外ファンの注目を集めたが、日本人ファンからも「さりげない気遣いも魅力」などと反響が広がっている。

世界選手権初優勝を果たした宇野昌磨の行動に称賛の声が相次いでいる【写真:AP】
世界選手権初優勝を果たした宇野昌磨の行動に称賛の声が相次いでいる【写真:AP】

宇野昌磨の取った行動を国内ファンも称賛

 フィギュアスケートの世界選手権(フランス)は、24歳の宇野昌磨(トヨタ自動車)が合計312.48点で男子シングル初優勝を飾った。26日のフリー(FS)後に行われた会見。親切な行動が海外ファンの注目を集めたが、日本人ファンからも「さりげない気遣いも魅力」などと反響が広がっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 振る舞いが脚光を浴びた。FS会見前の一コマ。登壇するはずの宇野は、なぜか椅子を運んでいた。FS3位に入った22歳のカムデン・プルキネン(米国)の座る場所がなかったようだ。海外記者たちがカメラを向けるなど、視線が集まっていた。

 宇野が“雑用”に励んだ動画を、国際スケート連盟公式YouTubeが公開。現地で取材する米名物記者のジャッキー・ウォン氏は「カムデンの座る3脚目の椅子がなかった。すると、ショウマが動いて彼に別の椅子を持ってきてくれた」と紹介した。海外ファンから「世界王者の振る舞いだ」「品がある」などと注目されていたが、反響はさらに拡大。日本人ファンからも称賛の声が相次いだ。

「気遣いの出来る優しい子なのよ」
「この様子を見て心があたたかくなりました」
「昌磨って、なんていい子なの?」
「そういう昌磨くんが大好きー」
「昌磨優男」
「さり気ない気遣いもまた彼の魅力」
「昌磨のさりげない優しさだね」

 宇野はSP、フリーともに自己ベストをマークした。日本男子の優勝は、2017年の羽生結弦以来5年ぶり3人目(4度目)。女子は坂本花織(シスメックス)が初優勝し、日本男女アベック優勝は羽生、浅田真央の14年以来8年ぶりの快挙だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集