[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米ボクシングで噛みつき事件勃発 2度ダウン奪った優勢選手が「不可解な行動に出た」

米ボクシングで“噛みつき事件”が勃発し、話題を集めている。26日(日本時間27日)にラスベガスで行われたスーパーライト級8回戦。ニコラス・デマリオ(アルゼンチン)がホスエ・バルガス(プエルトリコ)の体に噛みついてしまった。米メディアは「不可解な行動に出た」と報じた。

スーパーライト級8回戦でホスエ・バルガスに敗北したニコラス・デマリオ【写真:Getty Images】
スーパーライト級8回戦でホスエ・バルガスに敗北したニコラス・デマリオ【写真:Getty Images】

海外ボクサーが相手の肩をガブリ

 米ボクシングで“噛みつき事件”が勃発し、話題を集めている。26日(日本時間27日)にラスベガスで行われたスーパーライト級8回戦。ニコラス・デマリオ(アルゼンチン)がホスエ・バルガス(プエルトリコ)の体に噛みついてしまった。米メディアは「不可解な行動に出た」と報じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 すでに2度のダウンを奪っていたデマリオはクリンチで絡み合った際、相手の肩に顔をうずめる形となった。すると、そのまま三角筋の辺りをガブリ。バルガスは「え?」という困惑した表情を浮かべ、すぐにクリンチが解かれた。

 米興行大手・トップランク社は公式インスタグラムに動画を公開した。米メディア「インサイダー」は「2度のダウンを奪ったボクサー、対戦相手に理由もなく噛みつき、失格の危機に」の見出しで記事を掲載。「(バルガスの)上腕と肩に噛みつくという不可解な行動に出た」と伝え、こう続けた。

「28歳がストレートの失格処分ではなく減点で免れたのは幸運だった。それまでの戦いが無駄になるところだったからだ」「最終的に、バルガスはより効果的な打撃を与え、3人のジャッジから76-74(2人)、76-73の満場一致の判定を受けた」

 デマリオは2度のダウンを奪ったものの、0-3の判定負けを喫した。ボクシング界で噛みつきといえば、マイク・タイソンの“耳噛み事件”が有名。1997年6月のWBA世界ヘビー級タイトルマッチでイベンター・ホリフィールドと対戦し、3回に相手の耳を噛みちぎって失格となった。デマリオは失格にはならなかったが、試合に勝てなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集