[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、「魔法レベル」の300点超えVに欧州メディア絶賛「夢のようなプログラム」

フィギュアスケートの世界選手権男子フリー(FS)が26日、フランス・モンペリエで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.85点、合計312.48点で初優勝を飾った。SP、FSともに自己ベスト。欧州メディアは「夢のようなフリープログラム」「魔法レベルの312.48点」などと絶賛した。

300点台の高得点で世界選手権初優勝を飾った宇野昌磨【写真:AP】 
300点台の高得点で世界選手権初優勝を飾った宇野昌磨【写真:AP】 

宇野昌磨が世界選手権初V

 フィギュアスケートの世界選手権男子フリー(FS)が26日、フランス・モンペリエで行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が202.85点、合計312.48点で初優勝を飾った。SP、FSともに自己ベスト。欧州メディアは「夢のようなフリープログラム」「魔法レベルの312.48点」などと絶賛した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 宇野が「ボレロ」で実力を証明した。後半のトウループは着氷が乱れたが、5本中4本の4回転を成功。自己ベストを更新し、2位の鍵山優真に約15点差をつけて頂点に立った。

 世界選手権、グランプリ(GP)ファイナルはともに2度の2位で「シルバーコレクター」と称されたこともあったが、高難度のプログラムで世界を制した。欧州衛星放送「ユーロスポーツ」ドイツ語版は、FSの動画付きで記事を掲載した。「ショウマ・ウノが圧巻の得点で世界選手権王者に―夢のようなフリープログラム」と称賛。世界歴代3位の高得点に対し、こう記した。

「現実とは思えないようなフリー演技で202.85点を挙げて戴冠。合計点では魔法レベルの300点台を突破し312.48点」

 ドイツ公共放送「ARD」も「完璧なフリーで世界選手権金メダルの滑り」「5本の4回転ジャンプで輝きを放つ」などと賛辞を送った。日本男子の優勝は、2017年の羽生結弦以来5年ぶり3人目(4度目)。女子は坂本花織(シスメックス)が初優勝し、日本男女アベック優勝は羽生、浅田真央の14年以来8年ぶりの快挙だった。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集